記事

マイケル・サンデル 究極の選択「許せる格差 許せない格差」 竹中さん嫌いだけどすごい

 大好きな、マイケル・サンデルさんの番組を視ました。この人のしゃべりの技術、人の意見の引き出し方、議論のまとめ方、そこに導きだす考え方、とても勉強になります。結論をおしつけないやりかたも今の時代に必要なやり方です。本も楽しいですが、やはりこの人は見ることが一番です。正義の定義を勉強する事は楽しいです。

 最近の番組は、すこし流れが読めてしまっていたのですが(世界のコミュニティーとしての考え方が主体)、今回の番組の流れは非常にひきつけられました。又吉さんのクレバーな会話も驚きましたが、それ以上に竹中さんはいい味を出していました。

 仕事の価格と平等、海外へのアウトソーシング、外国人労働者、非正規労働者。この価値観の違いを題材に番組として美しく作り上げていました。

 世界の若者パネラーが議論を交わしながら、意見を集約させていくサンデルさんの授業形式は、人の意見を否定しない事から生み出されています。そのため最終的に自分と異なる意見が主流になっても(正解とはいいません)、そのフォローを歴代の優秀な哲学者の意見を持ち出すことで、全員の感情を落ち着かせます。どちらの価値観も大事にしながら、現代の主流はこうではないだろうかという押しつけではない提案をします。竹中さんが最後に言った「サンデルさんが日本の国会の議長をやって欲しい」といったコメントはまさにそこの調整力を指しているのでしょう。

 今回の一番の見せ場は、自由貿易主義(シカゴ派)の竹中さんを責めるサンデルさんの攻撃です。外国へのアウトソーシングは是としたのに、外国人労働者に対する低賃金をアンフェアというすこし矛盾にみえる部分を責めたところ、竹中さん動ぜず、「同一労働、同一条件」と解説されました。

 これだけでは終わりません。海外の人の賃金格差はアンフェアなのに、正規労働者と非正規労働者に対してはどうなんだというまさに矛盾をついたぞという質問に、「同一労働、同一条件であって同一賃金ではない」と平然に答える竹中さん。今まで大嫌いな人間でしたが、本当に立派な学者であることを認識しました。

 東京副知事の猪瀬さんが言っていたように、現在の日本では、残念ながら希望すれば正規社員になれるという権利はありません。にもかかわらず、非正規社員はその権利を自分の意志で行使しないんだという建前で学説を展開していた竹中さんの言葉。彼の学者としての立ち位置がはっきりしました。

 いままでテレビで自分と異なる学説を唱える人間をこてんぱんにやつけようとする彼の物言いが大嫌いでした。彼と小泉さんのおかげで今の医療崩壊をさらに進めたとも思っていました。しかし彼のサンデルさんの攻撃に対する防御法をみて、彼も信念で動いている学者だという事が理解できました。でもやはり実務者としてはどうかなと再認識はしましたが。

 サンデルさんの最後の言葉、相手の立場で考える事で正義は定義づけられるという言葉をどうお感じなのか聞いてみたいです。

 この価値観の違いを共有できれば、様々な問題を感情的にはこじらせないで進める事ができると思っています。今の様々な社会の閉塞感は、正規・非正規の問題を含めて、前提が狂っているのもかかわらずそれを強引に推し進めている事が原因です。医療においてもまさにそのような事ばかりです。

 情報の開示、建前と現実、そして一番大事な事は正直さ。患者への説明も同じなんです。

 コメント頂ければ幸いです。ライブドアのメールを使っても結構です

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  7. 7

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  8. 8

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  9. 9

    ガールズバーと混同 バーが怒り

    木曽崇

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。