記事

「柔道界は変えないといけない」—— 体でわからせるための「絞め落とし」の指導は違法との判決

2/2

話し合いをしても、指導を正当化するのみで平行線。裁判へ

指導者に対して「なぜ絞め技をしたのか」と正雄さんは説明を求めた。話し合いの場では、聡志さんが「以前小学生に絞め技をかけたと聞いた」というのだが、そのことを聡志さん本人は否定している。目撃した指導者はも一人もいない。事実かどうかもわからない中で、指導者は危険性を知らせるために、絞め落としで指導した。話し合いをしても、指導を正当化するだけで平行線をたどるだけになった。

「もし、中学生が小学生を絞めたら、小学生中心の道場ですから、指導者の誰かが見ているはずです。絞められたという小学生女子は何人かいたのですが、それを全部見落とすことなど到底ありえません」(正雄さん)

結局、裁判になった。福岡地裁では、和解協議にもなったが、聡志さん側は「お金の問題ではない」と拒否した。判決では、裁判所は、指導者Aは事実関係を確認しないまま、聡志さんに対して片羽絞めを二回したと認定。

危険性を理解させるのならば、口頭で注意し、監視強化をすることもできたなどとして、「行き過ぎた指導」と違法性を認めた。指導者側は控訴したが、福岡高裁でも和解協議となり、聡志さん側が拒否。結果、控訴棄却となった。さらに指導者側は最高裁に上告したが、受理せず、一審判決が確定した。

「当初、裁判するかどうかは聡志と相談しました。年月もかかることですし、裁判は大人の喧嘩でもあります。“俺にあずけてくれないか”“俺が全部動くから。なるべく迷惑をかけない”と言いました。裁判中は辛かったです。お金だけの問題なら弁護士さんに任せればいいんですが、こちらも訴えたい部分がありました。一番最初に聞いたときのメモと、話し合いの録音がありましたが、それを確認するだけでも辛いことでした」(同)
取材を受ける正雄さん

柔道を失い、「努力をしなくなった」が、もう一度柔道を...

裁判に勝訴したものの、聡志さんは柔道から遠ざかった。いわば、柔道を失ってしまった。

「楽しくなって努力した時期に、こんな形で潰されたことは大きい。その後、努力をしなくなりました。ただ、事故のせいにはしたくないです。高校には行かなかったのですが、もしあのまま高校に行っていても、なにも変えることができなかったでしょう。今のアルバイト先はいい職場です。(一人暮らしで)家から離れて、まわりの世界を見に行ったのですが、あのときの自分を俯瞰できたのは大きいです」

将来、柔道をしたいと思うか、と尋ねると、

「事故があったからこそ、もう柔道はしていないんです。それは成功体験をつぶされたことでもあります。だからこそ、もう一度、柔道をやりたいですね。ただ、中学生の頃は、体ができる時期。その意味では、今からやっても遅いです。筋トレしても柔道ができる体にはなれないですから。そのため、将来するとしても武術としてではなく、趣味としてですね」

柔道界を変えたいという思いが強まる

判決については、正雄さんは「故意が認められたことはよかったが、驚くべきことではありません。民事裁判としては当然のことです。一般社会でしたら、犯罪でもありますし」と話す。ただ、指導者Hが「そんなの演技」などと言ったことは、それのみでは不法行為と認定しなかった。

「精神的にきついことを言ったのは指導者H。『言いふらしてやる』は厳しい。息子としては許せないことです」。
講演をする正雄さん

当の聡志さんはどう思うか。

「最初の気持ちは、やっと終わったという感じです。結果とか関係なく、親と弁護士さんには感謝です。裁判の結果に関しては、世間に広めることができましたので、よかったです。裁判に負けていたら広めることができなかったでしょうから。勝ててよかったです」

正雄さんは今後、この体験を語り継ぎ、柔道界を変えたい思いが強まっている。

「聡志の語りは大切です。しかし、本人はもう当時の記憶を忘れつつあります。あの頃のことは私がもう聞いていますので、今後の人生を考えても、語り部を聡志本人がするのはおすすめしません。今後はどんな形で広めていくのかはわからないですが、活動自体は必要なことです」

聡志さんの思いはどのように変わったのか。

「指導者は悪い人ばかりではないですが、柔道は変えないといけないです。スポーツは健康を害するものではないですから。未来のために、こうした問題を広めていかないといけない、と思っています。しかし僕個人としては、広める活動を表立ってするのは避けようと思っています。そのため、お父さんに頑張ってほしい」

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  5. 5

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。