記事

サカナとヤクザを読んで、東京都のコンプライアンスはどうなってんのと!

1/2

話題になってるのでさっそく読みました。

サカナとヤクザ Kindle版1555円

実はわたくし、釣りも趣味でございまして、20年ほど前にはアメリカ製のフイッシングボートを友人と共同所有していまして、カジキを釣ってました。カジキって房総沖でもけっこう釣れるんですよ。小さなボートで三宅島までも行きました。

その関係で、プレジャーボートの社団法人の理事を仰せつかり、水産庁や当時の運輸省との漁港活用のミーティング、各漁協との話し合いなどをやっていました。なので漁業の裏の世界もけっこう知ってます。

巨大な違法な定置網を張り巡らして、見えにくい体裁にしてプレジャーボートが引っかかるとそれっと駆けつけて高額な補償金を取る「プレジャーボート漁 w」や、某地方で好天の日に遙か彼方まで張り巡らした悪名の高い鋼鉄の定置網をアメリカ海軍の原子力空母が引きちぎって去って行った話とか、駿河湾に回遊魚の群れが入ると湾を塞ぐくらいの何十キロもの網を流して一網打尽にする船団とか、定置網で稚魚まで捕りまくって全部肥料にしている漁協で、その網の所有者が仲卸の水産会社とか、いまはどうかしりませんが危ない話が死ぬほどあります。

そもそも日本の旧漁業権は、戦後に180億円という破格の補償金を払って消滅したのに、いまでも「ここは漁業者オンリーだから入るな」みたいな場所もあります。自分の経験では房総のある港(空いててガラガラ)にはいって給油しようとしたところ、ヤクザみたいなのが現れて「1万円払え。でないと出て行け」みたいに脅されたことがあり、来ていたガソリンスタンドの人も「またか」みたいな・・・。

まあ書けばどんどん出てくるのですが、29年の水産庁のデータでは1年に30年以上操業する漁業就業者数は、15万3,490人で、前年に比べ6,530人 (4.1%)減少。

65歳以上が約4割で、15〜24歳は3.6%しかいない。ということは、あと10〜20年もしたら日本の漁業はまさに崩壊するわけです。漁業経営体数は、7万8,890経営体で、前年に比べ2,990経営体 (3.7%)減少しており、平成25年から29年の間に16.5%も減っている。こちらも10〜20年も経過したら・・・・。


こういう前提でこの本を読むとさらによく分かります。

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。