記事

今、福島に行くということ――「ホープツーリズム」モニターツアー参加レポート - 広島大学4年 阪本健吾

1/2

2018年10月27日(土)から29日(月)にかけて、福島県観光物産交流協会が主催する「外国人留学生を対象としたホープツーリズムモニターツアー」が行われ、広島大学の留学生13名が参加した。筆者は留学生ではないが、研究活動の一環として特別にこのツアーに同行させていただいた。本稿ではその模様をお届けすることを通して、「今、福島に行くということ」の意味を考えてみたい。

被災地の現状を学ぶツアー

1日目の14時を過ぎた頃、いわき駅のロータリーに到着すると、今回のフィールドパートナーである福島大学のマクマイケルウィリアム先生、県や協会の担当者のみなさん、通訳ガイドのみなさんが迎えてくださった。県を挙げて取り組んでいるこの「ホープツーリズム」という事業は、地震・津波・原子力災害で被災した海沿いの地域をガイドとともに訪れるスタディツアーだ。

この「ホープツーリズム」、国内の中学生・高校生に向けての事業としては、すでに豊富な実績がある。しかし、「通訳」という要素が入る外国人留学生向けとしては、これから本格的に取り組んでいこうというところだ。今回のツアーは、通訳ガイドの方々の実地研修という意味合いが大きい。「空間線量」「中間貯蔵施設」といった難しい言葉を、多言語でわかりやすく伝えることがこれから求められてくる。今回の案内も基本的に英語で行われた。

参加者の国籍は中国・台湾・タイ・インドネシア・ベトナム・ミャンマーの6か国。参加前のミーティングでは、「謎の生物がいると母国で報道されていた。実際のところはどんな様子なのかを見に行きたい」という声があった。参加者は多かれ少なかれ、被災当時の危険なイメージを抱えていたように思う。それでも、「福島の人々の現在の生活状況を自分の目で確かめたい」という思いを持った人々が集まった印象を持った。ほとんどのメンバーが、はじめて福島県の地を踏んだ。

特定廃棄物埋立事業と福島第一原発の廃炉を学ぶ

バス車内で1時間のオリエンテーションを終え、到着したのは環境省が富岡町内に設置した施設「リプルンふくしま」。特定廃棄物(避難指示区域などにあった廃棄物や放射性物質を含む廃棄物)の埋立事業について、モニターやタッチパネル、ジオラマ等の展示を用いてわかりやすく解説してある施設だ。

除染などによって発生した、放射性物質を含む廃棄物は、10万Bq/kg以下のものが富岡町内に埋め立てられ、10万Bq/kgを超えたものは福島第一原発を取り囲むように位置している中間貯蔵施設へ運ばれる。後者は30年据え置かれた後、最終処分のために県外に運ばれるという。子どもが遊ぶことを想定しているのであろう体験型のゲームコーナーもあり、「わかりやすかった」「デザインもかわいい」と好評だった

わかりやすく工夫されたデザインの館内で、解説を受けるメンバー

次に向かったのは、同じく富岡町内にある東京電力旧エネルギー館。現在は廃炉資料館としてリニューアルオープンしているが、この日はその準備中といった様子だった。ここでのコンテンツは「東京電力社員との対話」。会議室に入ると、社員のみなさまによる説明が始まった。

東京電力社員による説明。廃炉を担う東電には、今後もわかりやすい情報発信が求められる

福島第一原発の状況について、1号機から4号機までの事故当時と現在の様子の比較から、汚染水対策、構内の労働環境等に至るまで、映像と説明によって解説が与えられていく。時間が限られていたこともあるが、“これまで”の話が多く、“これから”の話が少なかったのが気がかりだった。

「燃料デブリを今後どう取り出すのか」「トリチウムを含む処理済み水を今後どう扱うのか」といった話題については主に最後の質疑応答で展開されることになったし、廃炉に向けたロードマップについては「資料をご確認ください」の一言のみだった。ここで扱い切れなかった“これから”の福島第一原発については、この次の行程である、一般社団法人AFW代表の吉川彰浩さんによる説明の中で考えていくことになる。

福島第一原発を「みんなでどうしていく」のか

旧エネルギー館を後にし、ここから吉川さんもバスに同乗した。吉川さんは、東京電力の社員として福島第一原発・福島第二原発で勤務してきた経験を持ち、現在は廃炉についての説明や視察のコーディネート、双葉郡内での地域活動などに尽力されている。楢葉町に今年オープンしたばかりの交流館「ならはCANvas」にて、AFW監修により制作された福島第一原発のジオラマを囲み、対話がはじまった。

「“廃炉の後はどうなるんですか?”と東電の社員に質問したかもしれない。でも、考えたいのは“廃炉の後、ここをみんなでどうしていくのか?”ということ。福島第一原発の未来を、みんなにデザインしてほしい」(吉川さん)

参加者から「活気のある場所がいい」と声があがる。「そうだね。魅力的な職場になって、ここで働くことに誇りが持てるようになるといい」と吉川さんが答えた。考えてみれば、福島第一原発の構内に関する報道は技術的な話ばかりで、あまり「活気があるかどうか」という話は聞かない。しかし、福島第一原発は、“事故の現場”であると同時に、今も一日4,000人ほどの人が働いている“職場”なのだ。その一人ひとりは、今日何を思っているのだろう。

吉川さん(右端)のお話に、メンバーは真剣なまなざしを向けていた。説明の前には、(一社)ならはみらいの境さんより「ならはCANvas」の館内紹介も

福島第一原発の未来を描くには、まわりの地域について知ることも重要だ。一日目は特定廃棄物や廃炉についての話題だったが、二日目からはガイドとともにまちに出て考えていくことになる。一泊目はオープンから一周年を迎えた、富岡町の「富岡ホテル」にて。長旅と到着後の情報量の多さからか、メンバーの表情には疲れが滲んでいた。

富岡町内を巡って「まち」とは何かを考える

2日目は、富岡町3・11を語る会の青木淑子さんによる富岡町内のガイドからはじまった。富岡町には2017年4月に避難指示が解除されたエリアと、現在も帰還困難区域に指定されているエリアが共存している。かねてから双葉郡の中心として重要な役割を果たしてきた町だ。

青木さんとメンバーが乗ったバスは、町内の夜の森(よのもり)地区へ向かった。美しい桜並木で有名な場所だ。帰還困難区域とその外との境界を示すバリケードのそばで、この境界について「“気持ち”にラインが引かれてしまうんです」と青木さんが話した。境界の両側で放射線量そのものが大きく変わるわけではない。「あちらは入れるのに、なぜ道一本反対のこちらには入れないのか」という気持ちが生まれるのは、当然のように思える。メンバーの一人が、並木道を見ながら「きれいだろうなあ、桜」とつぶやいた。この場所で続いてきた桜まつりは、やっと今年の春から再開したという。

夜の森の桜並木道。右側と奥は帰還困難区域に指定されており、バリケードが設置されている

次に向かったのは、海や富岡駅周辺が見渡せる高台だった。ここには、町民が有志で育て始めたぶどう畑がある。「夢は、このぶどうで作ったワインと地元で獲れた魚を使ったカルパッチョで乾杯することです。復興には、夢がないといけません」と青木さんが笑顔で話していた。昨年の春に人の暮らしが戻ってきてから、このようなチャレンジも生まれていたのだ。

青木さん(右側)によるぶどう畑についての解説。廃炉が決定した福島第二原発や特定廃棄物の焼却炉を見渡すことができる私有地に、特別に入らせていただいた

「富岡は、まだまだこれからの町です。富岡を見るということは、“まち”とは何か?“まちづくり”とは何か?“自分の居場所”とは何か?ということを考えることです。ぜひまた、この町がどう変わったのかを確かめに来てください」

まちを支えてきた原発をたたむことが決まった今、このまちはその先に何を残すのだろう。あたりまえに人々が暮らしてくために、必要なこととは何だろうか。普遍的な問いにもつながるこの言葉で、青木さんによる富岡町の案内が終わった。

一同は、未だに大部分が帰還困難区域となっている大熊町・双葉町を抜けて、浪江町に向かう。大熊や双葉にいた人々の“居場所”は、今どこにあるのだろうか。左右にバリケードが設けられた国道6号線の風景を見ながら、そんなことを考えた。

浪江町の当時と現在を往復する

浪江町は、東西に長い形をした自治体で、主に西側が帰還困難区域に指定されている。町役場やJR浪江駅等を含む一部の地域は、2017年3月に避難指示が解除された。

お昼前に「福島いこいの村なみえ」に到着した一同は、映画『無念』を鑑賞した。『無念』は、避難指示によって津波被災者の捜索を続けることができなかった浪江町消防団員の“無念”に焦点を当てた映像作品である。じつは、広島に拠点を置く「まち物語制作委員会」が紙芝居で伝えてきた物語をアニメーション映画にしたものだそうだ。広島との意外な縁を感じながら、メンバーは被災当時の浪江に思いを馳せた。

原発事故といえば「放射線」がひとつのキーワードとして浮かぶが、今回の原発事故では、放射線を原因として亡くなった人はただの一人も報告されていない。しかし、原発事故が、地震と津波の被災者のその後の人生に大きな影響をもたらしたことは確かだ。『無念』は、あの日の混乱やその後の悲しみがリアルに伝わる作品だった。自主上映会という形で観ることができるので、ご興味のある方は調べてみてほしい。

作品の紹介をする、フィールドパートナーのマクマイケル先生。2泊3日全行程を通して、メンバーに基礎知識を分かりやすく提供し続けてくださった

次に向かったのは、同じく浪江町内の帰還困難区域に程近い場所で開かれていたエゴマの収穫祭である。避難指示が解除された後の土地で育てているエゴマの収穫を祝う小さなお祭りで、到着するとすでに地域の方々で賑わっていた。浪江でエゴマを、福島市でかぼちゃを作っている石井農園の石井絹江さんが、「浪江には道の駅ができるので、商品化してそこに置いてもらうのを目指しています。自分が食べたい!と思うものを加工品として作っています」と話してくださった。お祭りでは、その加工品の試食のほか、エゴマ餅をつくるための餅つき、音楽イベントも開催されるなど盛りだくさんの内容だった。

石井農園の石井さん(左)。自分がやりたいことを追及しているということが、表情からも伝わってきた

あわせて読みたい

「福島第一原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  3. 3

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  4. 4

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  5. 5

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  6. 6

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

  7. 7

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  8. 8

    世界が批判 保釈認めぬ人質司法

    高野隆

  9. 9

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  10. 10

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。