記事

都市部なのに意外?新宿区が再び共働き子育てしやすい街ランキング日本一へ!


こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、こちらのニュースをご紹介させていただきます。

共働きで子育てしやすい街、宇都宮市・新宿区が首位: 日本経済新聞

共働き子育てしやすい街ランキングで新宿区は宇都宮市とならび1位をいただきました。
2016年にも1位でしたが、都市部ということでその意外性が話題となりました。
しかし、都市部だからこそ、多様な共働き世帯のために子育て政策を推進してきました。
また、2017は7位でした。
順位は若干落ち不十分にお感じの方が多いのかもしれませんが、それでも全国トップクラスのご評価をいただいております。

最近は子育て世帯の方とお話しする機会も多いですが、
「困っていることはない。とても感謝している。」
とご意見をいただくことが多いです。
文教子ども家庭委員会へ4年間所属している議員としては大変嬉しいことです。
私の力ではありません。
行政の努力はもちろん、区民のみなさまが区政に関心を持ってくださるからこそ、政策を進めることができました。

一方で、まだまだ子育て政策が不十分に見えてしまうこともあります。
例えば、行政関連サービスの無償化やお金をお渡しする事業が他自治体で行われていますが、比較すると新宿区が劣っているように見えてしまうかもしれません。
しかし、事業の費用をご負担いただくのも納税者である区民自身であることからも、過度な税負担につながらないよう注意をし、子育て政策の充実に努めてきました。

限りある財源で、子育てとお仕事の両立ができるような支援、またひとり親支援や貧困支援にも積極的に力を入れてきました。
緊急度の高い政策から優先的に取り組むことで、子育てに対する安心感をお持ちいただけるようになると確信しています。
もちろん、子育てに関して深刻なお悩みがある方もいらっしゃると思いますし、さらに工夫できることもたくさんあります。
今後もインターネットや街頭活動の機会を活用しながら、区民の意思を伝える努力を続けてまいります。

本日の文教子ども家庭委員会では、ベビーシッターを活用した育児休業復帰支援事業について議題となりました。
東京都の取り組みも影響していますが、保育サービスも多様化し、利便性が向上につながっています。
委員としての任期も残り僅かですが、子育て政策がより良い方向へ進むよう議会活動に取り組んでまいります。

それでは本日はこの辺で。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。