記事

メイ英首相、与党の信任獲得 離脱案の議会承認は不透明


[ロンドン 12日 ロイター] - 英国の与党・保守党は12日、メイ首相に対する党首信任投票を行い、メイ氏は信任された。ただ、3分の1以上の議員が不信任票を投じたことから、EU離脱を巡り英議会がこう着状態になる可能性が浮き彫りとなった。

信任投票の結果は、信任200票、不信任117票。離脱強硬以外の議員も不信任票を投じたことから、離脱案の議会承認は前途多難。13日のEU首脳会議を控え、離脱を巡る先行き不透明感は続いている。

メイ氏はEUとの離脱合意案について、11日の議会採決を目指していたが、可決の見込みがないことを認め、10日に延期を表明した。

信任投票後にメイ氏は、反対票を投じた議員の声に耳を傾けると述べ、離脱案で最も懸案事項となっているアイルランドとの厳格な国境管理を避けるための暫定的な安全策(バックストップ)について、法的保障を確保することを目指すと説明した。

保守党の多くの議員からは「バックストップ」が永久に続く可能性があるとの懸念が出ている。

メイ氏は「多くの議員が不信任票を投じた。私はそうした議員の主張を聞いた」と述べ「今度は、英国民のためにブレグジットを果たすための仕事に取り掛かる必要がある」と述べた。一方、EU側は、いったん合意した離脱案を修正するつもりはないとしている。

投票結果を受け、メイ氏の支持派は党として首相を支えるべきだと訴えた。一方、離脱強硬派は、メイ氏は辞任すべきだとの見方を示している。

強硬派を率いるジェイコブ・リースモグ議員はBBCテレビに対し「メイ首相にとってひどい結果だ」と述べ、「憲法上のあらゆる規範に鑑み、首相は早急に女王と面会し、辞任する必要があるということを理解すべきだ」と主張した。

メイ氏はこの日、信任投票実施に先立ち、2022年の次期総選挙前に辞任する考えを示した。

投票結果を受け、英ポンド<GBP=D3>は一時1.2672ドルまで上昇した。その後、不信任票が多くの市場関係者の予想より多かったことが分かると、1.2605ドルまで押し戻された。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  5. 5

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。