記事

米CPI、11月横ばい 基調的物価は底堅さ保つ


[ワシントン 12日 ロイター] - 米労働省が12日発表した11月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月から横ばいだった。ガソリンの値下がりが物価を抑制した。ただ家賃や医療費の上昇を背景に基調的な物価圧力は依然として底堅い。市場予想も横ばいだった。

CPIは10月に0.3%上昇していた。11月の前年同月比は2.2%上昇した。10月の2.5%上昇から鈍化した。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアCPIは11月に前月比0.2%上昇。市場予想と一致した。10月も0.2%上昇していた。11月の前年同月比は2.2%上昇。10月の2.1%上昇から加速した。

コア物価は底堅さを保っているものの、原油安のほか、国内外で経済成長が鈍化する兆しがあることから、今後は物価上昇圧力が弱含む見通し。

米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安として注目する個人消費支出(PCE)物価のコア指数は10月に前年同月比1.8%上昇と、2月以来の小幅な伸びとなった。9月は1.9%上昇だった。3月には、2012年4月以来初めてFRBの目標である2.0%上昇を記録した。FRBは19日に今年4度目となる利上げを決める見込みだ。

しかし、原油相場が下落し、金融市場が引き締まり、経済成長が鈍化する中、来年の利上げ回数は想定より少なくなると指摘するエコノミストもいる。

BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミストは「インフレ動向はなおかなり抑制されており、FRBにより積極的な姿勢を促すほど過熱していないことは確かだ」と指摘。「来週の利上げは予想されているが、来年は数回にとどまる」と予想した。

11月のCPIの内訳は、ガソリンが4.2%下落した。10月は3.0%上昇していた。景気減速の兆しを背景に原油が10月から値を下げていることを踏まえると、ガソリンは今後さらに値下がりする可能性がある。北海ブレントは30%近く値を下げている。

食品は0.2%上昇した。10月は0.1%下落していた。家庭用食品は11月に0.2%上昇し、3カ月ぶりにプラスに転じた。帰属家賃は2カ月連続で0.3%上昇した。医療費は0.4%上昇。10月は0.2%上昇していた。11月は病院サービスと処方箋が大幅に値を上げた。

衣料は0.9%下落。10月は0.1%上昇していた。携帯電話サービスと航空費、自動車保険も値下がりした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  6. 6

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  7. 7

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。