記事

ついにきた。AIによる万引き防犯システム「VAAKEYE(バークアイ)」が容疑者逮捕に貢献


日本のスタートアップ株式会社VAAKが開発した「VAAKEYE」が、大手小売店で実証実験中の防犯カメラ映像を解析し、万引き犯の決定的な犯罪行為情報を自動検知しました。

VAAKEYEで自動検知した防犯カメラの映像情報を警察に提供したところ、12月6日に当該万引き犯の逮捕に至ったと発表しています。

AIによる映像解析で、万引き犯の複雑な行動まで自動検知

今までの万引き防止システムは、万引き犯の複雑な行動までの認識は難しかったといいます。

しかし、AIによる映像解析で、人間の詳細行動の検知を可能とする技術を強みとするVAAKは、人間の歩幅や関節の動きなどを分析し、いつ、どこで、どのような身体的特徴を持った人が、どのように万引きをしたかまでを自動検知することに成功しています。


今回の事例で活躍したVAAKEYEに使われているAIは、物体認識から顔認識、統合的な分析手法まで、すべてVAAKが内製で開発しています。

では、AIによる行動解析で高い精度を出しているVAAKは、具体的にどのようなデータをもとに万引き犯の決定的な犯罪行為情報を自動検知しているのでしょうか?

Ledge.aiが過去におこなったVAAKのインタビューによれば、下記のような100以上のポイントをAIが分析し、不審行動や危険行動をリアルタイムで検知しています。

ミクロ視点のデータ

  • 属性(性別や年齢)
  • 商品
  • 環境(周りに人がいるかどうか)
  • 動き
マクロ視点のデータ

  • 時間
  • 天候
  • 店舗
  • 地域

2017年11月の設立以来、VAAKEYEの実証実験を進めてきたVAAKは、10日間の映像から7件の万引き犯を自動検知。万引きによる商品ロスも、導入前と比較して75%以上削減された実績などをあげています。

VAAKは今後、万引き防止システム「VAAKEYE」を通じて、犯罪行為の予測、犯罪行為の早期対応、また、警察との連携をおこなっていくとのこと。

今回の事例のように、AIの導入によるメリットは業務効率化だけではなく、社会貢献にまで繋がってきているように思います。AI搭載のシステムによる、今後のより安全な社会づくりに期待です。

Source:万引き防止AI「VAAKEYE(バークアイ)」警察と連携して、万引き犯を逮捕へ

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都知事選 三つ巴なら山本太郎氏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  3. 3

    平手脱退の裏側「笑いたくない」

    文春オンライン

  4. 4

    杉田議員の「エア電話」率は80%?

    AbemaTIMES

  5. 5

    新型肺炎 中国の衛生管理に懸念

    文春オンライン

  6. 6

    実名報道 マスコミの壮大なズレ

    文春オンライン

  7. 7

    キャッシュレスに便乗し詐欺急増

    WEDGE Infinity

  8. 8

    官僚叩きやめ国会改革を実現せよ

    室橋 祐貴

  9. 9

    コービー死去 和牛ステーキと縁

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    注意がパワハラ扱い 沈黙は金か

    笹川陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。