記事

衝撃!軽減税率の新聞が年明け値上げへ

1/2

今朝(12月12日)の読売新聞には驚かされました。なんと1面社告記事で朝夕刊セットの月極購読料を4400円にするとあったのです。その内容はこの写真でご覧ください。

【画像をブログで確認】

額にして363円もの引き上げです。しかも、従来のように朝日新聞や毎日新聞と歩調を合わせたかのような値上げでなく。読売単独の値上げです。部数の目減りは避けられないでしょう。「軽減税率の適用される新聞がなぜ?」という声も上がるでしょう。読売経営陣の苦衷はいかばかりかだったかと察します。

これを紹介した私のFacebookのポストには「蛮勇か英断か」というコメントがつきましたが、私は「なんだか身震いするほどの衝撃」とコメント欄に書きました。それが本音です。それについて思いついたことを少しばかりメモしておきます。

10月に公開された新聞世論調査会のデータによると、新聞を毎日読む人は47.0%もいて、民放テレビニュースに次ぐ多さでした。


半数近くも毎日、新聞を読んでいる。一見心強い数字です。ですが、それを年代別に見ると違う景色が見えてきます。


18~19才と20代で毎日、新聞を読んでいる人は5.7%と6.4% と1ケタに止まり、30代でも13%止まり。50代でようやく半数に近づきます。要するに二人に一人近くも毎日のように読まれているという数字の源は60代(66%)と70代(79.3%)によって支えられているにすぎません。

そこで比較したくなるのが、先週公表されたPew Research Centerの調査結果です。これは新聞のほか、テレビ、ラジオのニュース番組、オンラインニュースサイト、ソーシャルメディアから米国の成人がどのようにニュースをゲットしているかを分析したものです。内容は多岐に渡りますが、ここでは、日本の調査との比較で、How often do you read any newspapers in print?という質問の「often」を「ほぼ毎日」と読み替えてご覧ください。


このグラフについた見出しは、ソーシャルメディアからのOftenなニュース取得が初めて新聞を上回ったというものですが、紙の新聞をOften=ほぼ毎日読んでいる人は16%しかいません。

この質問は2016年から始まったのですが、その時点で、すでにニュースサイトの水を開けられ、ラジオニュースにも遅れを取っていました。

テレビニュースも下降気味ですが、それでも49%もあって、2人に1人はまだテレビニュースを毎日のように見ています。

あわせて読みたい

「新聞の軽減税率」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    無理筋な「イラネッチケー」裁判判決

    自由人

    03月06日 18:09

  4. 4

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  5. 5

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  6. 6

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  7. 7

    菅総理が知らないブラック霞が関

    千正康裕

    03月06日 17:18

  8. 8

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  9. 9

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  10. 10

    解呪と供養のためにシン・エヴァンゲリオンを観に行く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    03月06日 17:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。