記事

「経産大臣以下の責任は厳しく問われる」玉木代表



 玉木雄一郎代表は12日、定例の記者会見を国会内で開いた。冒頭、産業革新投資機構の役員辞任と消費税増税に伴うポイント還元について言及した。発言の要旨は次の通り。

産業革新投資機構の役員辞任

 産業革新投資機構の役員9人が辞任すると表明した。これは前代未聞の大不祥事だと思う。国のつくったファンドが正しく機能を果たせない状態に陥っている、しかも所管する経済産業省との信頼関係が毀損(きそん)されたということを理由に挙げている。関係者の責任が厳しく問われる問題だと思う。

 かつ、田中元社長は、民間のベストプラクティスを活用する官民ファンドではなくて、100%近い株式を保有する株主として、国の意向を反映する官ファンドになった。本来目指した目的を達成することが困難なため辞職を表明された。幹部が本来の目的ではなくなっていることを明言するような官民ファンドは解散すべき。この産業革新投資機構だけではなくて、クールジャパンのファンドや国交省が新たにつくったファンドなどの中で、赤字を垂れ流しているところもある。また、役人の天下り先になっている。

 わが党としては官民ファンドについて厳しく調査し、来年の通常国会で厳しく実態を追及していきたい。これだけの不祥事を起こした以上、経産大臣以下の責任は厳しく問われる。この産業革新投資機構は解散すべき。

消費税増税に伴うポイント還元

 迷走を極めている。大手のチェーン店であれば2%の還元、チェーン店ではない中小は5%の還元ということのようだが、当初出された内容と違ってきている。中小のチェーン店はどうなるのか。そもそも何に8%が適用されて、何が10%なのか。軽減税率を適用する対象もよくわからない。大手のチェーン店かどうかで判断するということが新たに加わって、二重三重に複雑な仕組みになっている。

消費者はもとより、事業者にとっても極めて複雑な制度になっていて、税の公平性、中立性、簡素ということを著しく毀損している。このような複雑怪奇な軽減税率と対策を講じざるを得ない消費税増税には賛成することはできない。軽減税率の導入を撤回するよう政治判断を政府に申し入れていきたい。

 野党再編、日ロ関係、官民ファンドの在り方などについて、記者から質問を受けた。

あわせて読みたい

「経済産業省」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。