記事

欧州委、フランスの19年予算を来年春に最終評価へ=報道官


[ストラスブール 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会のシナス報道官は11日、フランスの2019年予算について、欧州委が新たな経済見通しを発表する来年第2・四半期に最終的な評価を下すと述べた。

フランスのマクロン大統領は10日、政権に反発する抗議デモを鎮静化させるため、最低賃金の引き上げや年金生活者を対象とした減税などの対策を発表。これにより、フランスの財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は、EUが上限とする3%を超える恐れが出ている。[nL3N1YG40H]

報道官の発言は、フランスの新たな歳出増加に関する欧州委の見解についての質問に答えたもの。

報道官は記者会見で「われわれには加盟国の経済状況と財政政策を監視・評価する十分に確立したプロセスがある」と述べ、欧州委はフランスの19年予算案についての見解を11月に既に公表しており、来年5月までこの問題に立ち戻ることはないと説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  3. 3

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  4. 4

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。