記事

日本人の人権も侵害する外国人単純労働者受け入れ - 森永卓郎

1/2

政府は来年4月から、新たな在留資格を創設することで、外国人単純労働者を正式に受け入れることを決め、出入国管理・難民認定法を改正した。

もともと、戦後の日本は、日本人と競合する外国人労働者の受け入れをずっと拒んできた。それは、法律で規制してきたのではなく、雇用対策基本計画を閣議で決めるたびに、労働大臣が口頭で「単純労働者の受け入れはしない」と発言して、それを閣議で了承するという形でやってきたのだ。

そのことは、日本人の雇用を守るという目的だけでなく、戦前から戦争中に行われた強制労働によって外国人への人権侵害があったことの反省に立脚した行動でもあった。ところが、いつの間にか、閣議での単純労働者受け入れ拒否の了解は行われなくなり、2000年代に入ると、外国人労働者に門戸を開こうという動きが、政府部内で強まっていった。きっかけは、国連報告だった。

2000年に国連が「日本の生産年齢人口(15~64歳人口)が1995年の8700万人から2050年には5700万人へと減少するため、それを補うためには、年間60万人の移民受け入れが必要になる」とする報告書を発表したのだ。

これを受けて、日本経団連は、2004年に発表した『外国人受け入れ問題に関する提言』で、「現場で働く外国人の受け入れを巡る問題をいつまでも先送りにすることはできない」という表現で、外国人単純労働者の受け入れを求めたのだ。

財界の要求に対して、政府は姑息な手段に出た。技能実習生と留学生を隠れ蓑にして、実質的に外国人労働者の受け入れを拡大することにしたのだ。

例えば、留学生には週28時間(夏休みなどの休暇中は週40時間)のアルバイトが認められている。しかし、本当に留学に来たのなら、そんな長時間のアルバイトは不可能だ。私は、大学院で中国からの留学生も教えているが、大学に留学に来れば、言葉のハンディもあるので、そんな長時間のバイトをする暇など、まったくないのだ。

実は留学生のアルバイトが劇的に増えたのは、2010年に法務省が、日本語学校も留学先として認めるようになったからだ。その結果、安い授業料で、定員を大きく上回る「留学生」を受け入れる日本語学校がいくつも誕生し、授業に出ずにアルバイトばかりしている「留学生」が爆発的に増えたのだ。

技能実習制度も同じだ。技能実習制度は、1993年に創設された。発展途上国から受け入れた実習生に、日本でのオン・ザ・ジョブ・トレーニングを通じて技能を移転し、本国に帰ってから本国の経済発展に寄与してもらうという国際貢献の一環だった。

しかし、当初、在留期間2年、17職種を対象に始まった制度は、在留期間の延長、対象職種の拡大が続き、現在は最長5年、77職種に広がっている。その過程で、牡蠣を剥いたり、魚をさばいたり、鉄筋を運ぶだけといった技能形成とはほど遠い仕事がどんどん増えていき、いつの間にか、単純労働受け入れの隠れ蓑に変質していったのだ。


しかも、実習の形式を採ったことで、劣悪な労働条件を課される実習生も多かった。本国を出るときにブローカーから高額の手数料を借金の形で負わされ、日本でも寮費の名目で天引きをされて、実際の手取りが3万円から4万円という事例まで存在した。厳しい労働条件に音を上げた実習生は脱走し、その数は昨年7000人を超えた。

あわせて読みたい

「出入国管理及び難民認定法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  7. 7

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  8. 8

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

  9. 9

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  10. 10

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。