記事

米誌「今年の人」、故カショギ氏や拘束のロイター記者ら


[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米タイム誌は11日、毎年恒例の「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」を発表した。トルコのサウジアラビア総領事館で殺害されたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏と、ミャンマーで拘束されているロイターの記者2人、フィリピン政府に批判的なニュースサイトの創設者、および銃乱射の標的となった米メリーランド州の新聞社キャピタル・ガゼットが選ばれた。

同誌は、民主主義に不可欠な真実という概念が攻撃されていると警告した。

カショギ氏は、サウジのサルマン皇太子に批判的な姿勢を取っていた。死去した人物が「今年の人」に選ばれるのは初めてとなる。

一方12日は、ミャンマー当局により、イスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイターの記者ワ・ロン氏とチョー・ソウ・ウー氏が拘束されてからちょうど1年となる。2人は9月3日に国家機密法違反の罪で有罪判決を言い渡された。

ロイター・ニュースのチーフオペレーティングオフィサー、レジナルド・チュア氏は、「(2人が選ばれたことにより)不当な逮捕と拘束に対する認識が引き続き喚起されるとともに、世界中で報道の自由という必須の役割が再確認されるよう期待する」と述べた。

フィリピンのニュースサイト「ラップラー」は、ドゥテルテ政権をしばしば批判。創設者で、今年11月にサイトとともに脱税容疑で逮捕状が出ているマリア・レッサ氏も「今年の人」に選ばれた。

キャピタル・ガゼットは、今年6月に銃乱射事件の被害に遭い、5人が死亡した。

*見出しを修正しました。

あわせて読みたい

「TIME/タイム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  4. 4

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  5. 5

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  6. 6

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小室さん「8割超が応援」の衝撃

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。