記事

なぜ学校は「体罰する教師」をかばうのか

1/2

体罰は学校教育法で禁止されている。それにも関わらず、体罰をめぐる問題は後を絶たない。民間シンクタンクから熊本市教育長となった遠藤洋路氏は「体罰は“昭和の学校”の弊害だ。学校現場には『許してもらえたら体罰ではない』という甘い姿勢がある。教員には体罰に頼らない指導力とプライドを持ってほしい」と指摘する――。

■文科省から民間へ、そして教育長に

2010年に文部科学省を退職後、友人と政策シンクタンク「青山社中」を立ち上げ、議員や政党向けの政策づくりを仕事としていた。会社も7年目となった昨年始め、旧知である大西一史熊本市長から教育長就任の打診をいただいた。震災で傷付いた熊本の姿に心を痛めていただけに、私の経験が少しでも役に立つなら、との想いでお受けした。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/maroke)

熊本での教育の仕事は、これで3度目となる。最初は、文科省時代の熊本県教育委員会への出向。次に、青山社中時代に携わった熊本市の教育大綱(市長が定める教育の基本方針)策定のアドバイザー。そして今回である。ただ、今回はこれまでとは違い、期間限定でも非常勤でもなく、熊本に骨を埋める覚悟で来ている。

■「昭和の学校」の功罪

私がこれまでの経験から培った熊本の学校に対する印象は、一言で言えば「昭和」である。良くも悪くも、古い。学校環境、生徒指導、部活動、教員の意識など、「昭和の学校」のままなのだ。

多くの教員は真面目で熱心で、昭和の熱血教師を彷彿させる。学校生活は全体として規律正しく、目立って荒れている学校は少ない。九州大会や全国大会で好成績を挙げている部活動も多い。

こうした「昭和の学校」は、その弊害も大きい。厳しい校則、部活動の過熱、教員の多忙といった全国的に指摘される問題に加えて、高校受験の過熱が著しいと感じる。この中学で何番までなら○○高、何番までなら□□高、といったように、偏差値で輪切りをする受験指導がまかり通っている。

その結果、熊本の学校は、他県からの転入者から厳しい評価を受けることが多い。保護者へのアンケートでも、教育委員会や学校への苦情でも、転入者から「いまだにこんなことが行われているのかと驚いた」という声をよく聞く。いつの間にか時代から取り残されているのだ。

■「体罰アンケート」で見えた甘い姿勢

こうした「昭和の学校」を改革すべく日々奮闘しているつもりだが、最近特に問題だと感じたのは、体罰への甘い姿勢である。言うまでもなく、体罰は学校教育法で禁止されている。体罰の存在は、教師自身がルールを守れていないことを意味する。

文科省によれば、体罰の定義は「懲戒の内容が身体的性質のもの」である。身体的性質とは、「身体に対する侵害」(例えば、殴る、蹴る等)、「肉体的苦痛」(例えば、長時間の正座・直立等)とされている。

この定義に従えば、「罰として殴る」のはもちろん体罰だが、「暴れる生徒を押さえつけて鎮める」のは、懲戒ではないから体罰ではない。また、「教員が暴言を吐いた」という場合も体罰ではない。暴言も不適切な指導には違いないが、身体的性質ではないので体罰とは別の問題になる。今回は体罰に絞って論じたい。

熊本市教育委員会が毎年度行っている「体罰アンケート」では、子供や保護者から体罰に関する報告が50件前後寄せられる。しかし、その中で学校が体罰だと認めた件数は、2015年度が1件、2016年度は0件であった。2017年度も同じく0件という報告が上がってきた。さすがにこれはおかしいと思い、アンケートの詳細を見せてもらった。

あわせて読みたい

「体罰問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  5. 5

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  6. 6

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。