記事

特別区人事委員会による職員給与引き下げ勧告を見送り、新宿区長の給料約65万円(3%)減額の議案を可決。議会も同様に減額を



こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、第四回定例会の最終日でした。
追加議案「新宿区長の給料の特例に関する条例」が提出されたので、ご報告させていただきます。

この条例は、今年度分の新宿区長給料を3%減額するという内容です。
案件が出てきた背景には、特別区人事委員会勧告があります。

職員給与を減額しない理由として、「制度移行期の一時的な歪みのため」と説明がありました。

特別区では、人事制度について、抜本的な見直しが行われています。
具体的には、主任主事と呼ばれる係員という役職に変わりました。
特に問題となるのは、50代後半の方で主任主事の方です。
しかし、民間給与と比較をする場合には、役職のない50代の社員と同じ扱いとして計算が行われます。
そこで、民間と大きな乖離が出てしまい、減額の勧告につながりました。
この問題は、特別区特有のもので、3年程度で解消される見通しです。

これまで人事委員会勧告を尊重し、進めてきた特別区長会にも責任があると感じられているようです。
そこで、吉住区長個人が、自主的に3%、約65万給料の減額をされるご決断をされました。

この決断自体は、賛成をいたしました。

しかし、区長を対象とする議案のみが本会議の最終日に提出されたことに、違和感を感じました。
例えば、副区長等の特別職についても減額の必要性について議論が必要だと考えています。

さらに、人事委員会勧告にしたがって議決を行ってきた議会についても、区長と同様に責任があると考えております。
特に議会については、年度内に区長と同様の議員報酬減額を行うことが必要だと考えています。

特別職報酬等審議会での議論もありませんでしたが、区長以外も含めたメンバーで丁寧に議論が必要です。

そもそも、人事委員会勧告を基準とした職員給与のあり方自体が問題であるというスタンスに変わりません。
さらに、今回のように特例を認めることになれば、何かと理由をつけて減額を避けることにもつながりかねません。

行政の都合ではなく、引き続き区民にとって何がベストかを考え、議論を行ってまいります。

それでは本日はこの辺で。

あわせて読みたい

「新宿区」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。