記事

華為CFOの逮捕と著名物理学者の自殺 - 澁谷 司

1/2
 今年(2018年)12月1日、G20がアルゼンチン・ブエノスアイレスで開催され、その際、米中首脳会談が行われた。

 当日、意外な所で大事件が起きている。中国の通信機器最大手企業、ファーウェイ(華為技術有限公司)の副会長兼CFOである孟晚舟が、カナダ当局に逮捕された。

 2009~14年、ファーウェイは傘下の香港企業、スカイコムを通じてイランと取引した。だが、孟晚舟は米金融機関に対し、ファーウェイとスカイコムは無関係だと虚偽説明をした容疑である。今後、孟晚舟はカナダから米国へ移送されるという。

 ファーウェイは、孟晚舟の父、任正非(かつて人民解放軍に所属)が1988年に創業した。

 普通、中華圏では子供達は父親の姓を名乗る。孟晚舟の場合、両親が離婚したので、母親姓を名乗っていた。そのため、孟晚舟がファーウェイに入社した際、誰も彼女が創業者の娘とは知らなかったという。

 やがて、孟晚舟は役員になった。その時、初めて、孟が任正非の娘である事が知れた。

 目下、各国は5G開発をめぐり、熾烈な競争を繰り広げている。その中、米トランプ政権は、知的財産権侵害を理由に、ファーウェイとZTE(中興通訊)を自国市場から締め出すつもりだろう。

 一方、日本政府が、ファーウェイ製品を分解すると、ハードウェアから“余計なもの”が見つかった。これによって、中国共産党へ情報が流れている公算が大きい。

 そこで、我が国をはじめ、米国、英国、豪州、ニュージーランドが、ファーウェイ製品を締め出す方針を打ち出した。これに対し、中国政府は、孟晚舟の速やかな釈放と“公平な貿易”を主張している。

 ところで、12月1日、孟晚舟が逮捕された日、中国系米国人の物理学者、張首晟が飛び降り自殺をした。その直前、FBIは、張の実験室で彼に事情聴取を行っている。同月6日、張首晟の飛び降り自殺が明らかになったが、家族は張が鬱病で自殺したとしている。

 1963年、張首晟は上海で生まれ、15歳で復旦大学に入学したエリートである。その後、ドイツのベルリン自由大学で修士号を、更に米ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で博士号を取得した。専門は「量子スピンホール効果」(「スピンホール効果とは電場を試料にかけるとスピン流がそれに垂直に誘起される」『東工大村上研究室HP』)である。

 そして、張首晟は若干30歳で米カルフォルニアの名門、スタンフォード大学の教授に就任している。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  5. 5

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  6. 6

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  8. 8

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  10. 10

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。