記事

介護業務の構造を変える? CES2018で発表されたヒューマン支援ロボットが日本初上陸



2018年1月にラスベガスで開催されたCES2018で発表された、ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」が日本で初公開されました。2019年からレンタルを開始します。

2本のアームと自律走行で人間を支援する



アイオロス・ロボットは、周囲の環境を認識・学習できる「AIビジョンセンサ」を搭載し、2本のアームでものを掴むことも可能な自立走行ロボット。
実際にものを掴んで渡す様子がこちら。

アームを器用に使ってものを床から拾い上げ、適切な保管場所に置くなど、人の生活におけるさまざまな作業をサポートすることができるとのこと。

また、機械学習で周囲の環境を学習すると同時に、学習内容をクラウド上で複数のロボットが共有してフィードバックを繰り返すことで、日々変化する環境にも適応できます。基本的なスペックは以下の通り。



バッテリー充電4時間で4時間稼働し、Google Home、Amazon Alexaなどにも対応。CEOのAlexander Huang氏は、アイオロス・ロボットについてこう語ります。

――Huang
「世界と見てもサービスインまで漕ぎ着けるロボットはまだ少ないです。アイオロス・ロボットは、人間の顔や姿勢を検知することで、人間が何を求めているかを自律的に判断して行動できる、世界初のロボットです」

日本進出の背景には介護現場のニーズ

登壇した高齢者住宅経営者連絡協議会の会長 森川氏は、介護業界の現状を以下のように語りました。

――森川
「経産省がロボット介護機器の使用を推進していますが、普及していません。

介護利用者や家族は介護の現状に不安があるため、新しい技術の使用には寛容です。しかし、介護職員は業務過多で古典的な介助方法を踏襲したがり、経営者は介護報酬につながらない投資にはネガティブです」



上の図が介護職員の一日の業務量。早朝から夜間まで業務量は膨大です。しかし、そこにはロボットに任せられる作業もあると森川氏は語ります。

――森川
「昨今では介護職員の数が足りないと騒がれていますが、職員が多ければ手厚いケアができるかというと疑問です。介護の専門性を高めないことには、いつまでも労働集約的な働き方から抜け出せません。そこにロボットが必要です」


たとえば、朝刊の配達やゴミの回収・夜間の巡視などはアイオロス・ロボットに任せ、介護職員は被介護者とのコミュニケーションを取ることに集中する。そんな働き方がロボットがいること可能になるといいます。

レンタル価格は15万円。2020年までに10万台の普及を目指す

――Huang
「日本では介護領域の需要がありますが、他国ではレストランやホテル、パブリックスペースの監視などにもアイオロス・ロボットは使われています。日本でもサービス業にも展開していきたい思いがあり、そのためのエキスパートもそろっています。
Raas(Robot as a service)としてサブスクリプションモデルで展開していくので、ローコスト・手軽に導入できます」

レンタル価格は月額15万円。2019年4月以降に順次予約を開始し、同年8月から本格提供を開始し、2020年までに10万台の普及を目指すとしています。

将来的に介護職員のパートナーとなれるほどさまざまな業務をカバーできるようになれば、15万円という価格設定も安いものかもしれません。

介護現場にロボットが普及する日は来るのか。これからも注視していきます。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  4. 4

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。