記事

再考・『涼宮ハルヒの憂鬱』のどこが新しかったのか

1/2
はてなブックマーク - ハルヒ革命と保守・新自由主義化するハルヒ世代 - 美少女と僕らのセカイ

涼宮ハルヒ美顔革命論について各方面の反応 - Togetter

先日、「ハルヒ革命と保守・新自由主義化するハルヒ世代」というタイトルのブログ記事が書かれ、たくさんの人から批判や嘲笑を集めた後、消えてしまった。「エヴァ以降、ハルヒ以前のキャラクターにはみられなかったのは『顔が良い』」という持論からはじまり、「保守・新自由主義化するハルヒ世代」という世代論的な見立てが示され、現実・虚構・新自由主義といった難しいワードが散りばめられていた。

書き手は1995年生まれを名乗っていて、『涼宮ハルヒの憂鬱』についての過去の議論についてあまり知らない様子だった。『ハルヒ』によってアニメ作品と現実とのかかわりかたが変わったことを主張したい……という意気込みは伝わってくるものの、それを伝えるための文章力も知識的もデリカシーも足りておらず、批判や嘲笑を集めるのもやむなし、といったところではあった。

だが、20代前半の若者が大上段にアニメを語るというのは、そういうものではなかっただろうか。

インターネットが普及していなかった頃のローカルなオタクコミュニティでは、世間を知らず、知識も乏しい若いオタクが、要領を得ない作品論をぶちあげるなどよくあることだった。そういう、意気込みの空回りした作品論がオープンなインターネットに晒されるようになった時、批判や嘲笑を集めるのは理解できることではあるけれども、せっせと持論をつくった若者の主張が一蹴されてしまうのは悲しいことだと私は思った。

それでも熱量にほだされ、私も「ハルヒのどこが革新的だったのか」を再考したくなった。似たようなことは4年前にもやっているけれども、好きな作品の話は何遍やったって悪いものじゃない。

「女の子たちが歌って踊ってライブする作品群」の先駆けとしての『ハルヒ』

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

私はアニメ版『涼宮ハルヒの憂鬱』が単体で"革"を起こしたとは考えない。

それでも、アニメ版『涼宮ハルヒの憂鬱』がサブカルチャーの流行が変わっていく分水嶺の時期に立ち会った作品なのは間違いなかろうし、同時代の幾つかのコンテンツやプラットフォームとともに記憶されるべき作品だとは思う。

まず、ライトノベル版『涼宮ハルヒの憂鬱』がよくできていたことを断っておく。SF的な要素や(90年代後半~00年代に流行した)心理主義的要素をちりばめ、キョンの独特の語り口も相まって、同時代のライトノベル愛好家の需要にキチンと応えていたと思う。

だが、それだけの作品でもなかった。

たぶん、アニメ史のなかでわりと重要だと思われるのは、「女の子たちが歌って踊ってライブする作品群」の先駆けのひとつが、アニメというジャンルでは『涼宮ハルヒの憂鬱』だったことだ。

『涼宮ハルヒの憂鬱』は、「ハルヒの顔が良い」という曖昧な理由によって特別だったわけではない。絵やストーリーでいえば、ほかにも優れた作品はそれなりあった。たとえば『エウレカセブン』や『アイドルマスター』あたりと比較して、『涼宮ハルヒの憂鬱』が突出して2010年代寄りのデザインだったとは思えない。今、『涼宮ハルヒの憂鬱』を観ると、その絵柄は2010年代よりも90年代後半に近いとすら感じる。

だが、「女の子たちが歌って踊ってライブした」アニメといえば、やはりハルヒだろう。エンディングテーマ『ハレ晴レユカイ』もそうだし、文化祭でハルヒが熱唱するシーンもそうだった。現代アニメではもはやテンプレートとなっている、「女の子たちが歌って踊ってライブする」センスをアニメというジャンルで最初に開花させたのは、『涼宮ハルヒの憂鬱』ではなかったろうか。

この時期には「女の子たちが歌って踊ってライブする」コンテンツが立ち上がってくる機運があった。Xbox360で『アイマス』が出たのが2005年だし、AKB48が動き始めたのも2005年。ハルヒだけが特別だったわけではない。ゲーム・アイドル・アニメという複数のジャンルで同時多発的にそれは起こって、燎原の大火のように広がっていった。

ハルヒダンスの生みの親である山本寛さんは、2018年6月の公式ブログで、ハルヒダンスの流行への戸惑いと嫌悪感を表明しておられる。

当時は戸惑ったものだ。
なんでこんなに受けるの?

嬉しいというよりは、変な感じだった。
幸いにして「朝比奈ミクルの冒険」や「サムデイ イン ザ レイン」など、しっかり仕掛けて作った部分も充分に評価されたので、まだ違和感は薄かった。

しかし「ハルヒダンス」、なんでこんなに受けたんだろう?
作画スタッフに罪はない、あくまで演出上の問題だが、この程度で??

僕にとっては「刺身のツマ」がえらく評判になったようなものだ。
そこを褒められてもなぁ、という。

もうウンザリだ。
死ぬまで踊ってろサルども。

結局「一番解りやすいもの」が受けるのだ。
『エヴァ』での庵野さんの悩みも、そういうところだったのかなぁと、想像してしまう。


「ハルヒダンス」は山本寛さんにとって「刺身のツマ」だったという。だが、流行を振り返ってみれば、まさにその「なぜ『刺身のツマ』が流行ったのか」が問題であり、00年代前半に流行ることのなかった何かが流行りはじめる先駆けを、たまたま山本寛さんが掴みかけていたことが推察される。

「ハルヒダンス」が流行した後には、『らき☆すた』や『けいおん!』が続き、もっと後発の『ラブライブ!』も大ヒットした。『アイマス』も、今日まで太い命脈を保ち続けている。AKB48の台頭と発展は言うまでもない。そうしたプロが仕立てたコンテンツたちの裾野には、アマチュアたちが投稿した無数の「歌ってみた」「踊ってみた」系の投稿作品、アイマスやボーカロイドを使いこなした無数の投稿作品が広がっている。

あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。