記事

前場のTOPIXは1年半ぶり安値 不透明な外部環境が重荷


[東京 11日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比119円20銭安の2万1100円30銭となり、続落した。前日の米国株高を支えに買いが先行したものの、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感や世界経済への懸念が根強く、戻り売りに押された。TOPXは年初来安値を更新。取引時間中としては2017年6月1日以来、1年半ぶりの安値を付けた。

騰落率は日経平均が前日比0.56%安、TOPIXが同1.06%安となった。前場の東証1部の売買代金は1兆1948億円。セクター別で値上がりしたのは情報通信、空運など5業種。下落率上位には石油関連や機械、海運など景気敏感セクターが並んだ。

前場中盤に日経平均は150円を超す下げとなり、2万1060円台まで下落したが、その後中国副首相と米財務長官らが電話会談を実施したことが明らかとなりショートカバーを誘発。日経平均は一気にプラスに転じた。ただ戻り売り圧力は強く前引けにかけて再び下げ転換。TOPIXは前引け直前に日中安値を付けた。

日経平均に対してはソフトバンクグループ<9984.T>、ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028.T>、ファーストリテイリング <9983.T>の3銘柄の上昇が合計で約52円の押し上げ要因となった。

一方、指数構成銘柄では、ダイキン工業<6367.T>やファナック<6954.T>、TDK<6762.T>など外需株の下げが押し下げ要因となっている。市場では「海外リスクや需給不安が尾を引き、依然として不安定な動きとなっているが、長期の投資主体が下値を買っている印象もある」(岩井コスモ証券・投資情報センター長の林卓郎氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり357銘柄に対し、値下がりが1710銘柄、変わらずが56銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  3. 3

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  4. 4

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  5. 5

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  6. 6

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  7. 7

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  8. 8

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  9. 9

    緊急事態宣言の解除後からコロナ感染者数が増加 苦境に立たされる菅首相と自民党

    早川忠孝

    06月24日 22:30

  10. 10

    マンションの一部が崩落、1人死亡・99人が行方不明 米フロリダ州

    ABEMA TIMES

    06月25日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。