記事

グラドル界でクラウドファンディング写真集が活況の理由

クラウドファンディングで写真集を出した湊莉久(撮影/福島裕二)

 今、グラドルたちから注目されているのが、ネットで大衆(crowd)から資金調達(funding)する「クラウドファンディング(CF)写真集」だ。写真集は通常、出版社が企画から予算管理まで担うが、CFの場合はモデル自身の「こんな写真集を作りたい」という願望が起点となる。

 予算を設定し、CF専門サイトを通じて“パトロン”となるファンにネット上で資金を募る。その「支援金」が目標金額に達すれば晴れて撮影が決定。出版社が一緒に制作するケースもあるが、園田みおん、湊莉久のように、ファンだけにしか完成した写真集を渡さないこともある。

 湊莉久は目標金額400万円のところ、750人の支援者から1066万3000円を集め、沖縄、宮古島での撮影を実現することができた。基本的にタレント主導のため、撮影場所はもちろん衣装などにも独自のこだわりが反映される。

“見切り発車”の段階から支援してくれたファンに対しては特別なお返しがある。直筆サイン入りの写真集はもちろん、打ち上げの参加権やロケ先から手紙が届くなど特典が満載だ。特典は支援金額ごとに異なり、5万~10万円にもなると本人とデートができたり、写真集タイトルの「命名権」が与えられることもある。多くの撮影を手がける写真家の福島裕二氏が語る。

「商業写真集では“肌の露出が足りないから売れないんじゃないか”と推測したり、有名なスタジオやロケ地で撮影することが多い。もちろんそれもいいが、僕は女性たちの剥き出しの心とありのままの表情を切り取りたい。

 湊莉久さんの写真集も、装丁も市販本ではあり得ないほど豪華に仕上げました。正直、ギャラは多くないですが、僕が一番のパトロンなんだという気持ちで撮影しています」

 福島氏が写真集を撮影した戸田真琴は言う。

「どんな綺麗なロケーションよりも私が一番好きな映画のロケ地で撮影してほしくて、CFを活用しました。心に引っかき傷が残る写真集に仕上がったと思っています」

※週刊ポスト2018年12月21日号

あわせて読みたい

「グラビア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  7. 7

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  8. 8

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  9. 9

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。