記事

強行は行きづまりの裏返し

 今日は臨時国会の会期末。ここまでルール無視か!と思った毎日でしたが、国民に語れないほど行きづまっていた証拠ですよね。

 わかりやすかったのが自民党・平沢勝栄衆議院議員(法務委員会理事)。入管法改定案について「この問題は議論したらきりがないんです。いくらでも問題点が出てくるんです」と発言しました。問題ばかりだから、議論しないで強行採決だという告白です。漁業法や水道法、日欧EPAも同じなのでしょう。


 つまり、強行は行きづまりの裏返し。今日の宣伝でも、その点を強調しました。来年の選挙戦は、だからチャンス。市民と野党の共闘でも、日本共産党自身としても、政治を変える展望を示すことが大事だと思います。韓国だって、米国だって、市民の声が政治を動かしてきました。今度は日本で実現したい。

 暴走ばかりの国会でしたが、憲法審査会で自民党の改憲案を出させなかったことは大きな成果でした。そもそも下村博文議員の暴言もありましたが、根本的には「安倍政権のもとでの改憲に反対・慎重」という世論が多数だからこそ、焦って暴言も出てくるもの。追い込まれているのは安倍政権そのものです。

 宣伝の後は、たまっていた原稿書き。年末は、新年用の地域民報などで何種類もの原稿を書かなければなりません。この地域や団体では、今年こんなことがあったな‥‥と思い出しながら書いていくと時間もかかるもの。とはいえ、これも毎年恒例のこと‥‥。

 【今日の句】ていねいな 説明やっぱり 今だなし

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  2. 2

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コンパクトカーの常識破るMAZDA3

    片山 修

  4. 4

    ミス誘ういきなりステーキの卓上

    かさこ

  5. 5

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  6. 6

    HUAWEI 市場から姿消す可能性も

    ロイター

  7. 7

    コンドーム避妊では女性守れない

    週刊金曜日編集部

  8. 8

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  9. 9

    茂木氏 丸山議員の診断書を尊重

    キャリコネニュース

  10. 10

    内田樹氏 現代人がウソつく理由

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。