記事

日本「遺憾砲」と北朝鮮「無慈悲な鉄槌」ネットでの扱われ方

2/2

 2013年1月30日、東シナ海で中国海軍艦艇が海上自衛隊護衛艦に対して火器管制レーダーを照射した際に外務省は「極めて遺憾である」と述べた。この時は「極めて」がついたため、よりパワーアップされた遺憾砲ではあるが、「彼の国には呆れ果てた」「報復措置を取る」などと言わない点は大人な対応であり、外交上の儀礼なのだろう。

 だがネット上では遺憾砲はすっかりバカにされている。2015年にインドネシア政府が領海内で不法操業をしていたとして拿捕した中国の漁船を爆破する映像を公開した際、「豪快」「最強」などと称賛されていたのが対比的だ。

 遺憾砲は政治だけにとどまらない。ゴーン氏が逮捕された時、菅義偉官房長官は「誠に遺憾だ」と述べ、2013年にJR北海道で事故が相次いだ際に菅氏は「甚だ遺憾」と述べた。今年12月6日に発生したソフトバンクによる通信障害についての菅氏のコメントも「極めて遺憾」だった。こうなってくるとこの言葉自体の意味がもはやよく分からなくなってくる。さらに、「誠に遺憾」「甚だ遺憾」「極めて遺憾」、そしてこうした副詞がない「遺憾だ」はどの順番で怒りの度合が強いのか、なんて国語の問題に出てきそうな展開になっている。

 国際ニュースでも外国政府の人間が「遺憾の意を表明した」といった記述は出るが、これは日本のメディアが意訳したものではないか。英語ではregrettableという表現になるが、どうもピンとこない。「残念だ」「気の毒だ」のような傍観者的なニュアンスになり、日本の「なっなっ、察してくれよな、オレ、怒ってるんだよ」的当事者性とは異なる。

 ちなみに「遺憾砲」は日本政府の専売特許の武器ではあるが、北朝鮮のメディアが発表する「無慈悲な鉄槌」も同様の冗談的な言葉としてネットでは扱われている。前出・ニコニコ大百科では「史上最強の軍事作戦である」と説明されている。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2018年12月21日号

あわせて読みたい

「外交」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  10. 10

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。