記事

堀江貴文「日本政府に税金払うよりアマゾンに払ったほうが生活豊かになる」 物流効率化のメリット語る

「5時に夢中!」の公式サイトより

12月7日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、堀江貴文氏が小売店がアマゾンを利用することのメリットを語った。

番組中、作曲家・三枝成彰さんが日刊ゲンダイに寄せた「アマゾンは日本に法人税を払っていないため、日本の富が海外に流れてしまう。また、日本の百貨店や街の商店もどんどん経営難に陥ってしまうだろう」という趣旨のコラムが紹介された。

このコラムについてコメントを求められた堀江氏は「僕は完全に逆だと思う」と反論し、「日本の政府に税金払うよりアマゾンに払ったほうが、アマゾンが便利なものを開発してくれて、僕達の生活は豊かになる」と考察した。(文:石川祐介)

アマゾンの利用は小さな商店にとってもメリット 効率的に仕入れができる

堀江氏は、アマゾンは小さな商店にとっては便利な決済システムになると指摘する。

「今まで余計なコストがかかってたと思う。例えば、卸とか物流とか仕入れとかで、割高なものを買わされてそれを小売してたんですけど、それがアマゾンによって安くなった。むしろ自分達の強みを生かして、アマゾンのサービスを使ってより利益を上げられるようになる」

現行の物流システムでは、様々な仲介業者が介入していたため、小売店に余計なコストがかかっていた。だが、アマゾンを利用するれば効率的かつ低コストで運営することができるという。

「コストコがオンラインになったみたいなもんですよ。スナックの人とかコストコからいろいろ仕入れてるじゃないですか、業務用のやつを」

アマゾンを上手く利用することで、コスト削減することができるため、三枝さんが指摘するようなことは起きないと語った。

また、中尾ミエさんが「ただ、ダンボールが山のようにたまっちゃう」とアマゾンを利用することへの不満を口にする。これに堀江氏は「あれは物流の効率化のためなんですよ。規格を統一して、綺麗にトラックに収まるようにやってるんですよ」とアマゾンの徹底的に効率化されたシステムを説明した。

法人向けのサービスも展開するアマゾン

アマゾンは昨年、法人や個人事業主向け専用の購買サービス「Amazon Business」をスタートしている。現在、日本航空やテレビ東京など様々な企業が導入している。商品を法人価格で手に入れることができる、というサービスだ。

Amazon Businessの紹介ページでは、介護事業を展開しているヒューマンライフケアのインタビュー動画が掲載されており、事業戦略室で室長を務めている松坂哲史氏は「介護業界全体の課題として、約3分の1が事務処理に充てられている。一部分ではあるが、Amazon Businessを導入することで減らすことができた」と効用を語っている。

アマゾンはもはや、私達の日常生活だけでなくビジネスシーンにおいても無くてはならないインフラへと成長した。今後も様々なシーンでアマゾンのサービスが下支えする機会は増えていくだろう。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  6. 6

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  8. 8

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  9. 9

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。