記事

欧州司法裁、英国はEU離脱決定を一方的に撤回できると判断


[ルクセンブルク 10日 ロイター] - 欧州司法裁判所(ECJ)は10日、英国には欧州連合(EU)離脱の決定を一方的に撤回できる権利があるとの判断を示した。

ECJは「英国はEUからの離脱の意思の通知を一方的に自由に撤回できる」との判断を示した。

今回の判断は、ECJ法務官が先週示した見解に沿った内容。

離脱反対派の間では、法務官の見解を受けて、国民投票の再実施でEU残留を決められるのではないかと期待が浮上していた。

英議会は11日にメイ首相の離脱協定案を採決する。首相の離脱案には反対の声が多く、離脱案は否決されるとの見方が多い。

スコットランド国民党出身の欧州議会議員で本件をECJに提起したアライン・スミス氏は「ECJがきょう下した判断は、あすの採決を控え英議員らに、いまの混乱を脱する道があるという明確なメッセージを送るものだ。英国が国際舞台に立つため、雇用や経済にとり、トンネルの出口が見えた。あとは英国次第だ」とし、英国が離脱撤回を選択した場合、EU側は英の回帰を歓迎すべきとした。

一方、ゴーブ英環境相は、政府は離脱決定は翻さない方針とあらためて表明した。

ECJは声明で、英は、離脱手続きを定めたEU基本条約第50条の手続きを停止しても、ペナルティを受けないと指摘。「憲法の定めに則り決定した(離脱)撤回ならば、英国が従来と変わらない条件でEUに留まることになる」とした。

EU首脳らは以前より、英国の翻意を歓迎するとの立場を示していたが、EU当局者や法律の専門家からは、離脱手続きの停止には英国を除く27カ国すべてないし大半の承認を必要とするとの見解が示されている。さらに、英国がEUに残留するなら、これまで英国に与えられていた予算などに関する特別な権利を手放すよう求められると指摘するEU高官もいる。

離脱期日まで残された時間は少なく、英国が新たな国民投票を実施するのか、などは極めて不透明だ。

*カテゴリーを追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  6. 6

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。