記事

新聞記者の見立ての方が、いわゆる識者の見立てより当たるのは何故か

多分、検察当局から然るべくレクチャーがあるからだと思うが、今回のゴーン氏外の起訴については、大手新聞社の報道どおりになった。

指揮権発動を促したり、法人の日産を起訴するなら日産の西川社長以下の実務担当者の逮捕もなされなければおかしいのではないか、などと検察当局の捜査の方向性に疑問を呈される識者の方もおられたが、今日現在はそこまでのことはないようだ。

大手新聞社の報道どおりに事態が推移しているのであれば、大手新聞社のニュースソースの信頼性がそれだけ高いということになる。

「関係者の話によれば」という決まり文句が新聞紙上にしばしば登場するが、この場合の「関係者」というのは検察当局そのものか、ということになる。

多分、そのとおりである。
法務省の記者クラブで相当程度のことを聞いていなければ、とてもあれだけの記事は書けない。
日産側に聞いても検察当局の動きの詳細まで分かるはずがない。
弁護人や被疑者側に聞いても、検察当局の動きが読めるはずがない。

これを、検察当局のリークだ、などと批判めいた物言いをされる方がおられるが、検察当局も報道側も、ある程度こういうことを認めざるを得ないところだろう。

ちなみに私は、どんな意味においてもここでいう「関係者」ではない。
事態の推移について大いなる関心を持ってはいるが、情報は何も持っていない。

報道どおり、ゴーン氏もケリー氏も再逮捕されたようである。

これで特別背任についての捜査はなくなった、という見立てをされる識者の方がおられるが、さて、その程度でこの事件が終るだろうか。
新聞報道ではその類の話が最近はあまり聞かれなくなったのは事実だが、当初の新聞報道で出てきていた事実が誤報だった、という報道はまだどこからも出てきていない。

事件の全容はまだ明らかになっていない、と見ておいた方がよさそうである。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。