記事

貴ノ岩暴行事件 所属の千賀ノ浦部屋分断する「3つの派閥」

【まさかの展開に(時事通信フォト)】

【元貴乃花親方と離婚した景子さん】

 元貴乃花親方は、元婚約者、元妻への思いとともに、元弟子への思いも複雑だろう。昨年10月には横綱・日馬富士(当時)からの暴行の“被害者”だった貴ノ岩が、冬巡業中に宿泊先ホテルで付け人を殴るという“加害者”になり、7日には引退を発表するに至った。二所ノ関一門の若手親方がいう。

「九州場所で小結・貴景勝が優勝したことで、元貴乃花親方の評価が高まり、いずれは弟子たちが移籍した千賀ノ浦部屋にコーチのようなかたちでかかわっていくという話もあったが、今回の事件で“指導力不足”が明らかになり、コーチの話は消えたと考えていい。協会側には、あまりに“タイミングのよい事件”です」

 事件の背景を巡っては様々な情報が交錯している。

 12月5日の夕方に一報が出た際、「テレビや新聞の速報で被害者の年齢がくい違っていたこともあり、“誰が暴行を受けたんだ!”と関係者は確認に追われた」(協会関係者)という。それは、千賀ノ浦部屋のなかに、複雑な状況が生まれているからだ。

「部屋の力士は『3種類』に分けられる。先代の千賀ノ浦親方(現・常盤山親方、元関脇・舛田山)が育てた弟子と、現・千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が育てた弟子、そして貴乃花親方が育てた弟子です。

 実は先代は、もともとは出羽海一門所属。貴乃花一門に部屋を譲ったが、一連の騒動で手が合わなくなっていた(折り合いが悪かった)とされる。今年2月の理事選でも、貴乃花一門でありながら、古巣の出羽海一門の親方に投票した。その先代が育ててきた弟子たちも、元貴乃花部屋の貴景勝が、“千賀ノ浦部屋の顔”になっている状況は面白くないでしょう」(ベテラン記者)

 千賀ノ浦部屋の中に“反貴派”がいるというのだ。

「それもあって当初、“内輪揉めが原因”“被害者は先代の弟子”という情報が巡り、混乱が生じた。最終的には“元貴乃花部屋の力士が被害者”とわかったが、隠蔽体質の角界にあってここまで迅速に表沙汰になったのは、部屋のなかに対立構図があったことも関係しているでしょう」(同前)

 貴景勝の優勝で吹きかけた元貴乃花部屋勢への追い風は、向かい風に変わった。

※週刊ポスト2018年12月21日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  3. 3

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  4. 4

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  7. 7

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    突然の休校要請は社会を破壊する

    かさこ

  10. 10

    紅白出場歌手 薬物で逮捕寸前か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。