記事

ベルギーのアフリカ博物館が再開、コンゴの略奪品展示も継続


[テルビュレン(ベルギー) 8日 ロイター] - ベルギーのブリュッセル郊外にある王立中央アフリカ博物館(RMCA)が9日、5年をかけた近代化・改修工事を終えて再開する。

この博物館は、コンゴ民主共和国を19世紀後半に植民地として支配したベルギー国王レオポルド2世の残虐行為を無視しているとして、しばしば批判されてきた。現地ではこの間に数百万人が死亡したと言われる。

再開後も多くの遺物が引き続き展示されるが、アフリカの人々によるビデオ証言が増えたほか、コンゴ人芸術家の作品も展示。欧州でなくアフリカに焦点が置かれた。一方、植民の歴史は1カ所のギャラリーに集められた。

Gryseels館長は「われわれにも、60年以上にわたりアフリカ文化に対する西側の優越的なイメージを広めてきた責任がある」と述べた。

ただ反対活動家らは、略奪された物品の所蔵を継続すること自体が植民地主義を象徴していると主張。コンゴ民主共和国で生まれてベルギーに移住し、人種差別関連の著書を持つMireille-Tsheusi Robertさんは「展示物の返還なしに、植民地解放はあり得ない」と話した。

同館長は、一部展示品についてRMCAは返還を受け入れるとしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  6. 6

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  9. 9

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  10. 10

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。