記事

中国に対するIMFのお説教

 昨日私は、「人民元の国際化にまつわる矛盾」と題して記事を書いた訳ですが、専門家は同じようなことを考えているということがよく分かりました。

 どうしてかと言えば、IMFの専務理事が中国に対してお説教を垂れているからです。

 どんな内容かと言えば‥大体想像がつくでしょう? 

 そうです、もっと為替レートの決定を市場メカニズムに任せるようにすべきだとか、資本取引の自由化を進めるべきだ、とか。

 でも、どうしてIMFの専務理事がそんなことを言うのでしょう? その前に、IMFの専務理事ってどんな役職で、今どこの国の人がそのポストについているかご存知でしょうか?

 もちろん国際経済通の人にとっては常識みたいなものでしょうが‥実はIMFの専務理事というポストは、専務という肩書きながら実はIMFのトップであるのです。つまり、総裁とか理事長とかという名前の
方がぴったりくるのですが、どういう訳か昔から専務理事と呼ばれているのです。

 では、どこの国の人がその専務理事のポストについているかと言えば‥

 「この人の前は、ストロスカーンという人で、女性に対する暴行容疑で逮捕され‥」

 そうなのです。フランスの大統領候補と目されながら、ホテルのメイドさんを暴行した容疑で逮捕されたためにIMFの専務理事のポストを退かざるを得ず、しかし嫌疑不十分で釈放され‥という不可解な事件が起きたのです。

 そして、その後任になったのが、これまたまたフランス出身のクリスティーヌ・ラガルド女史。

 で、その彼女が何故中国にお説教を垂れているのかと言えば、18日に北京で開かれたフォーラムで講演を行ったためだとか。

 昨日もご紹介いたとおり、中国は今、自国通貨の人民元の国際化に取り組んでいるのですが、ラガルド氏は、人民元の国際化はある条件さえみたせば十分達成可能であると言ったのだとか。つまり、ラガルド氏としては、お説教というよりも中国にリップサービスをしたつもりであったのでしょう。

 いずれにしても、ラガルド専務理事は、人民元が国際化するためにどんな条件をつけたのか?

 What is needed is a roadmap with a stronger and more flexible exchange rate, more
effective liquidity and monetary management, with higher quality supervision and regulation, with a more well-developed financial market, with flexible deposit and lending rates, and finally with the opening up of the capital account,

 「必要とされるのは、より柔軟な為替レート、より効果的な金融政策、質の高い規制、より進んだ金融市場、預金金利と貸出金利の自由化、そして最後に資本取引の自由化、これらについての工程表である」
 
 If all that happens, there is no reason why the renminbi will not reach the status of a reserve currency occupying a position on par with China's economic status.

 「それら全てが実現したとき、人民元は、中国の経済的地位に相応しい準備通貨としての地位を得ない訳がない」

 まあ、でも、これらの条件が急速に満たされることはないでしょう。

 少しずつ、少しずつ。つまり、人民元が国際的な地位を得るのにはまだまだ相当の年月を要すると予想します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  2. 2

    「土日の休みはひたすら休養しか出来ない…」 最大HPが低い人あるあるだよね

    キャリコネニュース

    01月22日 15:04

  3. 3

    連合は参議院選で推薦した候補者が共産党と共闘なら推薦を取り消しへ

    早川忠孝

    01月22日 15:40

  4. 4

    “政権批判”から“政策立案”へ 変わる立民に身内からは懸念を示す声も

    ABEMA TIMES

    01月22日 11:10

  5. 5

    分科会の現実的な対策否定 メディアや政府は責任逃れから有効な施策ができない現状

    中村ゆきつぐ

    01月22日 09:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。