記事

ノーベル賞受賞者が明かす"性奴隷"の実態

1/2
2018年のノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド・バセ・タハ氏は、過激派組織「イスラーム国」(IS)に拘束され、“性奴隷”として扱われた。著書『THE LAST GIRL イスラム国にとらわれ、闘い続ける女性の物語』(東洋館出版社)では、その壮絶な体験を明かしている。なぜ彼女は拘束されたのか。同書の翻訳協力者である中東調査会の高岡豊氏が、組織的な性暴力の背景を解説する――。

2018年10月24日、アラブ首長国連邦のシャルジャで行われた国際会議で、スピーチを行ったナディア・ムラドさん(写真=AFP/時事通信フォト)

■ノーベル平和賞受賞者の壮絶な体験

本書は、2018年のノーベル平和賞受賞者のナディア・ムラドさんの壮絶な体験の書であるとともに、彼女が属する「ヤズィディ」と呼ばれる人々の共同体が被った恐るべき被害の記録でもある。

著者は、イラク北部に居住するヤズィディと呼ばれる人々の一員である。ヤズィディの信仰やその実践については、本書で著者の視点から述べられているため詳述しないが、彼らの信仰の核心部にあると思われる孔雀天使は、ムスリムからは悪魔と同一視されることもあるため、ヤズィディの人々は「悪魔崇拝者」として差別や迫害を受けがちだった。

これに対し、ヤズィディの人々も異教徒の改宗や異教徒との通婚を認めずに、共同体を営んできた。著者が生まれ育った時代においても、ヤズィディの共同体はアラブ人、イラク国民、クルド人など、さまざまな属性を押し付けようとする圧力の中にあった。それでも、彼らはイラクのへき地で、一応は周囲のアラブやクルド、ムスリムなどの民族・宗教共同体と共に生活し続けてきた。

■イラク戦争後に変化し始めた環境

そんな彼らを取り巻く環境は、2003年のイラク戦争後に変化し始める。フセイン政権打倒後、ヤズィディの人々の下にもアメリカ兵たちや携帯電話、衛星放送などが姿を現した。ヤズィディの人々が外部の世界と接する機会が拡大したのである。

その一方で、イラクの治安悪化に伴い、ヤズィディの共同体を取り巻くムスリムの間に、イスラーム過激派の思考・行動様式が着実に浸透していった。2014年に彼らを襲い、恐るべき被害をもたらした「イスラーム国」は、何の脈絡もなく突然発生したわけではなかった。

■若い女性は「性奴隷」として売買される

本書には、さまざまな「イスラーム国」の構成員やその身内たちが登場する。著者の目には、「イスラーム国」の人々は、暴力や組織内の権力関係に基づかなければ対人関係を構築できない人々として映ったようだ。「イスラーム国」の者たちは、著者が人として最低限示すべきと祈るレベルの同情も、ヤズィディの者には示さなかった。著者たち若い女性は「サビーヤ(=性奴隷)」として売買されたり、贈り物にされたりするという扱いを受ける。そしてその「持ち主」の思うままに暴力を振るわれ、強姦されることになる。

また、著者は「イスラーム国」の者たちが、自ら定めたさまざまな規則を自己中心的・ご都合主義的にしか運用しないさまを目撃する。筆者は長年「イスラーム国」も含むイスラーム過激派を観察してきた。その過程で、ゲーム仕立てで残忍な処刑方法を次々と開発する姿や、閲覧数やヒット数を稼ぐことを至上目的とする文字通り子供だましの動画類を多数目にしてきた。その結果、筆者はイスラーム過激派の構成員や支持者を「まじめなムスリム」と描写することへの違和感を抱き続けてきた。本書で語られる著者の凄惨な体験は、筆者の違和感を裏打ちするものだった。

■ヤズィディへの体系的な「絶滅計画」

一般には、「イスラーム国」の思考・行動様式は理解し難いものであり、彼らの制圧下は倫理のない世界のように見えるかもしれない。しかし、「イスラーム国」自身は彼らの思考・行動を逐一「イスラーム的正しさ」で正当化する言辞をろうし続けている。これらの言辞のほとんどは、コーランか預言者ムハンマドの言行に典拠を求めている。この単純さこそが、「イスラーム国」の知的水準の低さを示す一方、否定しようがない根拠に基づく論理として、一般のムスリムが「イスラーム国」との教学論争にしり込みする理由である。

そうした活動は現在も続いているし、本書の中にも「サビーヤ」制度の創出と運用、ヤズィディの共同体に対する生存権の否定と虐待を「イスラーム的に」正当化する記事やパンフレットの一部が紹介されている。

このような光景は、著者の目には何年も前から計画された、ヤズィディに対する体系的な絶滅計画とも映る。また、「イスラーム国」は「サビーヤ」たちも強制的に改宗させており、その時点で形式的とはいえ彼女たちはイスラーム教徒である。しかし、彼女らに対する「イスラーム国」の者たちの虐待は何ら改まることはなく、そうした虐待の少なくとも一部は「まじめなムスリム」の振る舞いには見えない。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  5. 5

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  7. 7

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。