記事

内定をエサに無理難題「オワハラ」対処法

内定をエサに無理難題を強制、どう対処すべきか

内定のかわりに他社の選考を辞退させる「オワハラ」、圧迫面接や内定取り消しなども、立派な労働問題です。

採用期間の短縮で表面化する「オワハラ」、密室で行われるからこそ就活生が弱い立場に。

労働組合法でいう「労働者」には、就活中の学生のようなこれから働こうという人やアルバイトの人も含まれています。

そのような問題を抱えたとき、真っ先に頼るべきは通常の会社員と同じく、労働組合です。弁護士に相談することも選択肢のひとつですし、最近では労働基準監督署も相談を受け付けています。また、相談窓口としては、県庁や都庁の労働相談窓口もあります。東京都であれば、労働相談情報センターが池袋や飯田橋、八王子などにあります。

面接や内定の面談などで行われるオワハラなどの対策として、やり取りをスマホやICレコーダーなどで録音しておくのもいいでしょう。証拠を残すことは、一般的な労働問題のパワハラやセクハラでも使う方法で、違法ではありません。

内定取り消しの場合も、法的に十分戦えます。内定通知書があって内定の事実を立証できれば、解雇と同様の効力があります。よくある「業績悪化のため」というのも、会社の経営者の責任になりますので正当な理由にはなりません。

通知が口頭だった場合でも、採用権限がある人事部の部課長クラスが内定を約束したことを立証できれば内定は成立します。その場合にはメールなどで通知をもらえれば万全です。

----------

会社とのやり取りをレコーダーで録音、証拠を残せばOK

----------


棗 一郎
弁護士
旬報法律事務所所属。日本労働弁護団幹事長。1961年、長崎県生まれ。中央大学法学部卒。日本マクドナルド店長残業代請求事件などを担当。 

----------

(弁護士 棗 一郎 構成=伊藤達也 撮影=花村謙太朗)

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  8. 8

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  9. 9

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。