記事

年賀はがきの商品がリニューアル 1等賞金は3倍の30万円に

1/2
【平成31年用年賀状のお年玉賞品】

 11月1日、2019年用の年賀はがきの発売が全国で始まった。当初の発行枚数は、前年比7.2%減の約24億枚で、11年連続の減少となり、年々“年賀状離れ”が話題に。しかし、今年に限っては特に“出さなきゃ損”なサービスが目白押しだという。

◆お年玉付き年賀はがきの商品がスゴイ

 日本郵便のお年玉付年賀はがきの賞品が、2019年は大きく変わる。まず1等賞金が30万円と、昨年に比べて3倍にアップ。3等のお年玉切手シートも、これまでは100本中2本の当せん確率だったのが、今回は3本に上げられた。

 さらに、「東京2020大会応援賞」が新たに設けられ、東京オリンピックのペア招待券が、旅行券付きで当たる。ダブルチャンスでは、4月20日に行われる2度目の抽せんで、特別な切手シートが1万本プレゼントされる。

 お得なのは、お年玉賞品だけではない。郵便局または郵便切手類販売所で、年賀はがきを1度に50枚以上購入すると、「送る人にも福来たるキャンペーン」の抽せん券が1枚もらえる。このキャンペーンの賞品は、パナソニックの美容器やバルミューダのトースターなどで、当せん者は最大5000名だ。

 通常の郵便はがきも、お年玉付年賀はがきも同じ62円(寄附金付だと67円)。どうせなら「夢」が広がるお年玉付年賀はがきを利用しない手はない。

あわせて読みたい

「年賀状」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田章男氏が断言「雇用を守る」

    片山 修

  2. 2

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  5. 5

    給付制度に橋下氏「分からへん」

    橋下徹

  6. 6

    反日中国人にも愛される蒼井そら

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 緊急事態煽る報道に疑問

    石破茂

  9. 9

    野党共闘を牽引する山本太郎氏

    内田樹

  10. 10

    どうぶつの森を使い中国に抗議か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。