記事

年賀はがきの商品がリニューアル 1等賞金は3倍の30万円に

1/2
【平成31年用年賀状のお年玉賞品】

 11月1日、2019年用の年賀はがきの発売が全国で始まった。当初の発行枚数は、前年比7.2%減の約24億枚で、11年連続の減少となり、年々“年賀状離れ”が話題に。しかし、今年に限っては特に“出さなきゃ損”なサービスが目白押しだという。

◆お年玉付き年賀はがきの商品がスゴイ

 日本郵便のお年玉付年賀はがきの賞品が、2019年は大きく変わる。まず1等賞金が30万円と、昨年に比べて3倍にアップ。3等のお年玉切手シートも、これまでは100本中2本の当せん確率だったのが、今回は3本に上げられた。

 さらに、「東京2020大会応援賞」が新たに設けられ、東京オリンピックのペア招待券が、旅行券付きで当たる。ダブルチャンスでは、4月20日に行われる2度目の抽せんで、特別な切手シートが1万本プレゼントされる。

 お得なのは、お年玉賞品だけではない。郵便局または郵便切手類販売所で、年賀はがきを1度に50枚以上購入すると、「送る人にも福来たるキャンペーン」の抽せん券が1枚もらえる。このキャンペーンの賞品は、パナソニックの美容器やバルミューダのトースターなどで、当せん者は最大5000名だ。

 通常の郵便はがきも、お年玉付年賀はがきも同じ62円(寄附金付だと67円)。どうせなら「夢」が広がるお年玉付年賀はがきを利用しない手はない。

あわせて読みたい

「年賀状」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。