記事

漫画に描かれるスポーツについて スポーツの秋雑感 その7

1/2
剣道二刀流(イメージ)出典:Wikipedia

林信吾(作家・ジャーナリスト)

林信吾の「西方見聞録」

【まとめ】

・世界中で絶大なる影響力をもつ日本アニメ。

・本質的な議論なしに漫画の良し悪しは語れない。

・漫画文化が否定される陰に、現実と区別ができない大人の存在。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て掲載されないことがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=43134でお読みください。】

剣道の大会では、実は二刀流が認められている。なんでもヨーロッパでは、宮本武蔵の本を読んで剣道を始めたという若者が多く、二刀流が結構盛んなのだとか(誰が教えているのだ?)。面白いな、と思って調べて見たところ、宮本武蔵の本とは、どうやら『バガボンド』(井上雄彦・著 講談社)という漫画のことであるらしい。

これはまったく、驚くべきことではない。スペインに語学留学した時に知ったのだが、スペイン語にもcomicとかanimadosという単語はあるものの、mangaとanimeはそのまま通じる。日本製は、別格の扱いを受けているのだ。

私自身、日本ではTVアニメなど何十年も見ていなかったのに、マドリードの下宿では、土曜の午前中は毎度Shin-chanを見て笑い転げていた。『クレヨンしんちゃん』(臼井儀人・著 双葉社)が人気を博していたのである。もちろん台詞はすべてスペイン語に吹き替えられていたのだが、描かれているのは子供の世界であるし、絵があるから、どのような状況なのか非常に分かりやすい。つくづくアニメは語学習得の強い味方だと思った。

これはなにも、スペインだけの現象ではない。

当メディアでもおなじみの、軍事ジャーナリストの清谷信一氏には『ル・オタク』(講談社文庫)という著作がある。タイトルの通り、フランスにおける日本のアニメ文化の浸透ぶりをレポートした佳作だ。海外でこうだから、わが国における漫画の影響力たるや、絶大という表現でも追いつかないほどである。

サッカー日本代表が、初めてワールドカップ出場を果たしたのは1998年フランス大会であるが、それ以降の代表選手は、ほぼ全員が『キャプテン翼』(高橋陽一・著 集英社)を読んでサッカーを始めた、という事実が、雄弁に物語っているのではないか。

ディフェンスでの「顔面ブロック」くらいは、まだ現実にあり得るとして、サッカーのキックでブロック塀を破壊するとか、キーパーが、ゴールの隅に飛んできたシュートを、わずかに手が届かないかと思いきや帽子ではじき飛ばすとか、前述の『クレヨンしんちゃん』とはまったく違った意味で笑ってしまう描写も多いのだが、それが人気の秘密でもあるのだろうし、小学生が、(練習すれば、こんなことができるようになるのかも)と考えてサッカーに励むのなら、それはそれでよいのではないか。

▲写真 サッカー(イメージ)出典:Frickr; ..Russ...

あわせて読みたい

「漫画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。