記事

過去の入試対策は通用しない、「解答なし」など新制度続々

【「国語」という概念を超えた開成中学校の入試問題】

 都内在住の青田慶子さん(仮名・44才)は、学区の公立小学校に通う小2の息子を持つ共働きの母親。最近、息子と同じクラスのママ友たちは、早くも「中学受験どうする?」という話で持ちきりだ。

 しかし、都内の名門女子中高一貫校出身で、息子にも私立中学進学を望む慶子さんは、内心こう考えていた。

「そんなに焦らなくても、あと1年くらいしたら進学塾に通わせれば大丈夫。中学受験なんて、所詮は過去の出題パターンをたたき込んで、暗記モノを詰め込めばいいんだから」

 だが、この秋に開かれた入塾説明会でとある難関私立中の入試問題を見た瞬間、彼女の淡い期待は打ち砕かれた。受験って、こんなに変わってたの!?

 真冬の風物詩ともいえる大学入試センター試験が廃止される。1990年に始まったセンター試験は、各大学の一般入試に先立って、毎年1月中旬~下旬に全国一斉に行われる共通テストだ。

 2006年に「国語I・II」が「国語」になり、英語にリスニングの試験が加わるなどのマイナーチェンジを繰り返しながらも続いてきたが、2020年1月を最後に廃止される。「平成」という時代とほぼ同じに始まり、ほぼ同時に終焉を迎えるのだ。

 そして、センター試験に代わり、新システムの共通テストが2021年から始まる。これを、教育界では「2021年ショック」と呼んでいる。大手大学受験予備校「河合塾」広報の岩井達さんが解説する。

「現在の大学入試は大きく分けて、面接が中心の『AO入試』、出身高校の推薦に基づく『推薦入試』、学力試験の『一般入試』の3種類です。そのうち一般入試において、国公立大と多くの私立大が導入しているのが、マークシート式で主に知識や技能を問われる『センター試験』ですが、2021年の廃止に伴い、『大学入学共通テスト』という新しい試験が始まります」

 新テストで問われるのは、知識や技能だけではない。

「今の世の中は、IT化やAI化が進み、めまぐるしく発展している。30年前は携帯電話すら普及していなかったのに、今はSNSで誰でも世界とつながれます。そんなふうに変化のスピードが速い現代では、かつてのような知識や技能だけでは生きて行けない。

 自ら課題を発見して、それらを他者と協力して解決するための資質や能力と、柔軟な姿勢でさまざまなことをいつも学び続ける力が必要なのです。そのため、新テストでは、知識や技能はもちろん、それを活用する思考力や判断力、表現力が重視されています」(岩井さん)

 近い将来、人間の手による仕事の多くがAIに置き換わるといわれる時代だ。急速に変化する社会に対応できる人材を育てるための新たな試み──それが新テストの導入の意味なのだ。

 それだけでも教育熱心な親にとっては「どうなってしまうのだろう」と充分にショッキングなことだろう。しかし、それが「2021年ショック」と大仰に呼ばれるわけは、大学どころか、高校・中学・小学校の教育や受験にまで影響が及び、さらに余波はすでに始まっていることにある。

 その前に、大学入試の具体的な変更点をさっと見ておきたい。国語と数学で記述式の問題が各3問導入されることに加え、英語の在り方も大きく変わる。

「従来の“読む、聞く”に“話す、書く”を加えた計4技能が評価されることになります。それに伴い、アメリカの大学へ進学する際に必要な『TOEFL』や、仕事で英語を使う社会人向けの『TOEIC』、世界中で行われている英語検定である『ケンブリッジ英語検定』など、民間の資格・検定試験を英語の試験の代わりに大学に提出することになる。ただし、2023年度までは英語でも共通テストを実施して、民間の検定試験と併用します」(岩井さん)

 2024年度以降は外部検定試験に全面移行される予定だ。外部検定試験であるTOEFLやTOEICなどを大学入試に用いることによって、受験時期は大幅に前倒しされることになる。

「英語の資格・検定試験は、高校3年時の4~12月に受検することになります。つまり、その頃までに受検に耐えうるような英語力をつけなければならない。今の時期の高校1年生からすれば、2年後ではなく、1年半後には試験が始まることになり、受験シーズンが前倒しされて長期化します」(岩井さん)

 新テストの施行により、受験生の勉強方法も大きく変わりそうだ。

「マークシート式の試験であれば選択肢が1つしかないため、消去法で解答することもできましたが、新テストでは『当てはまる選択肢をすべて選べ』という複数選択肢や、『解答なし』という選択肢が導入されます。記述式問題も登場するので、知識を詰め込み、問題のパターンを覚えるような学習法は通用せず、より深い思考力や判断力を養う必要があります」(岩井さん)

※女性セブン2018年12月20日号

あわせて読みたい

「大学受験」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  2. 2

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  3. 3

    なぜ日本は海外ワクチンの調達が遅いのか

    舛添要一

    04月21日 11:50

  4. 4

    井上清華アナは90万円分…フジ女子アナが申告した“美容室ステマ”驚きの回数 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    04月21日 17:57

  5. 5

    橋下徹「吉村知事に猛批判を浴びせるコメンテーターに言いたいこと」

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:11

  6. 6

    「参院広島再選挙」後、被買収議員の起訴は確実!「政治×司法」の権力対立が発端の「激震」が続く

    郷原信郎

    04月21日 11:57

  7. 7

    世界各国で「祝日変更」の動き コロナ感染拡大を封じ込めることはできるのか

    NEWSポストセブン

    04月21日 09:01

  8. 8

    「キャディーも頭を下げるなんて」松山選手の優勝にアメリカ人が感動したワケ

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:08

  9. 9

    コロナ対策に失敗しながら未だに憲法の緊急事態条項を口にする安倍前総理、自民党憲法改正推進本部最高顧問に就任

    猪野 亨

    04月21日 14:47

  10. 10

    緊急事態宣言を出すよう今夜要請へ 小池都知事

    ABEMA TIMES

    04月21日 21:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。