記事

「仕事命」の親の子が学級崩壊させる理由

1/2

学級崩壊を引き起こす子供には共通点がある。中学受験塾代表の矢野耕平氏は「親が子供に無関心なことが多い。子供との時間より、自分の時間を優先したいのでしょう。その結果、学力が低下したり、問題行動を起こしたりする子が目立ちます」という。「子供は仕事の邪魔」と言い切る親の恐るべき生態とは――。

■「学級崩壊を主導する子の親は学校に一切顔を見せない」

中学受験指導を始めて20数年がたつ。わたしは主として都心部の教壇に立っているが、数年前から「うちの小学校で学級崩壊が起きている」という報告をよく耳にするようになった。ひとつの小学校を例に挙げてみよう。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kencor04)

その小学校は東京湾岸エリアにある。周囲にタワーマンションが続々と建ち、そこに「子育て世帯」が転居してくるため、生徒数が急速に増えている。

その小学校では、高学年の約半数のクラスで「学級崩壊」の現象が見られるという。

教員の言うことを全く聞かず、立ち歩きながら友人たちとおしゃべりに興じている子。授業の途中でやおら立ち上がり、外に出ていこうとする子もいる。学校側は解決策として生徒の親に名目上「自主的な見守り役」ということにして、多くの親を動員、その鎮静化を図ったという。「見守り役」を務めた母親のひとりは、ため息交じりにこう語った。

「わたしが行っても無意味なんです。もうどうにかできるレベルではない。一番問題なのは学級崩壊を主導している子たちの親に限って小学校に一切顔を見せないことなんです」

■過干渉の親は「無関心」な親よりマシである

こうした話は、この小学校に限らない。「学級崩壊の中心人物である子の親が小学校に来ない」という話は、中学受験指導をしていれば別の小学校に子を通わせる幾人もの母親からよく聞かされるエピソードである。

わたしは10年前に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)という書籍を上梓した。そこでは、「子どものパンツに名前を書く親」「いつまでも一緒にお風呂に入る母と息子」「Excelで子どもの成績を徹底管理する父」など、中学受験期の子どもに対して「過干渉」の親たちの事例を紹介し、「子どもたちの自立を阻むな」と警鐘を鳴らした。

しかし、わたしはいまこう考えている。

子どもに対して「過干渉」の親よりも、「無関心」の親のほうがよっぽど問題ではないか、と。そして、そういう親が近年とみに増えてきているように思う。

■親と子が「バトる」のは健全な家庭の証拠

親の「過干渉」が原因で、親子の間でしばしば「バトル」が勃発することがある。ときには怒鳴り合いにまで発展し、壮絶な戦闘状態を繰り広げるのは、たいてい「母」と「娘」という「女同士」。父親は別室で寝たフリをしていることが多い。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/mamahoohooba)

わたしは最近、気づいたことがある。

母親と連日のように「バトる子」であればあるほど、学力、とりわけ文章読解能力がかなり高いのだ。たとえば、そういう子は語彙力が高く、「大人向け」に書かれた論理的文章などの理解能力に優れている。また、文中から解答の根拠に当たる部分をすばやく見つけることができる。論理的な思考能力が高いから、難解な算数の問題も粘り強く解くことができる。

「バトる」ということは、換言すれば、親と子がその場では「対等な関係性」を構築しているということなのだ。自身を論破しようとする親に対抗するためには、たとえ屁理屈になろうと、そこには理屈をつくる力が必要だ。

「お母さん、用意してって言ったノートが用意されていないじゃない!」
「そんなもの、自分で用意しなさいよ! 何を甘えたこといっているの? この子は」
「この前、お母さん何て言った? 親が準備しておくから、あなたはとにかく勉強しなさいよって……もう忘れたの? そうでなければ、何でそんな矛盾したこと言うの!?」
「うるさい! こっちが親切心を見せたと思ったら、何なのその生意気な態度は!?」
「だから、親切心どころか約束を守れないことに怒ってんじゃない!」
「何なの!? その上から目線は!」
「上から目線じゃないよ! そっちから約束破っておいて、何を逆切れしてんの!?」
「うるさい! うるさい! うるさい!!」
「あーもういいよ!」

たとえば、こんな具合。

果たして、能力が高いから親との「バトル」ができるのか、もしくは、親に対抗する中でそうした能力が培われるのか。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。