記事

【参院本会議】安倍総理問責決議「安倍総理に問責を出さない理由はない」と蓮舫議員

1/2

 参院本会議で7日深夜、立憲民主・民友会、国民民主・新緑風会、共産党、希望の会(自由・社民)、沖縄の風の野党5会派が提出した安倍晋三内閣総理大臣問責決議案が審議され、会派を代表し蓮舫副代表が趣旨説明、賛成討論を難波奨二議員が行いました。決議案は賛成少数で否決されました(写真上は、趣旨説明を行う蓮舫議員)。

 蓮舫副代表は趣旨説明の冒頭、「この短い臨時国会の安倍総理、安倍政権の姿勢を見て総理への問責決議を出さない理由が全く見当たりません」と述べ、安倍総理自身が問責決議案を出される理由が分かるというのであれば、「入管法、水道法、漁業法など国家の根幹に関わる重要法案を次々と短い審議で強行採決の方針を猛省し1から出直すべき」だし、分からないというのであれば、「その鈍感力を大いに猛省すべき」と指摘しました。

 難波奨二議員は、賛成の理由として(1)相変わらずの改ざん・隠蔽体質(2)規制緩和名目の水道法改正案や漁業法改正案など、生活破壊法案を強引に成立させようとしている(3)任命した大臣の資質――を挙げ、「ほかにもまだまだいくらでも理由はありますが、時間の関係で以上とし、安倍内閣には即刻退陣いただきたい」と述べ討論を終えました。

 安倍総理内閣総理大臣問責決議案の採決先立ち、同日の本会議では、午前10時過ぎより(1)与党が入管法改正案の審議を打ち切り、野党の反対を押し切って採決しようとしたため野党5会派が共同で提出した横山信一法務委員長解任決議案(2)漁業法改正案の審議中に委員会運営に重大な瑕疵があったため、立憲、国民、共産、希望(自由・社民)の野党4会派が共同で提出した堂故茂農林水産委員長解任決議案の審議が行われました。

 両審議は、野党より趣旨説明を15分、討論を10分に制限する動議が出され、与党などの賛成多数で可決、発言時間を制限されるなか行われ、いずれも賛成少数で否決されました。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  9. 9

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。