記事

"スマホ不通"また起きると断言できる理由

1/2

■5時間弱、ソフトバンクの携帯が不通になった

「あれ、スマホ、つながらない?」

12月6日午後、ソフトバンクとワイモバイルのモバイルネットワークに、大規模な通信障害が発生した。ソフトバンクの発表によると、被害の対象は4G(LTE)ネットワークで、発生した時間帯は午後1時39分から午後6時4分だという。その間、両社のネットワークはもちろん、それを用いてサービスを提供しているMVNOやWi-Fiなどにも通信できない状態が生じた。

筆者の周囲でも、生き残っていた3Gネットワークへのトラフィックの集中などの影響で、少なくとも同日午後の間はまったく使えないという雰囲気だった。連絡が取れない、仕事にならない、目的地にたどりつけない……。こうした悲鳴や恨み節が聞こえたのはもちろん、モバイルSuicaやコンサートなどのデジタルチケット、金融や航空サービスの一部でも障害が生じていたようだ。


2018年11月5日、決算記者会見で話すソフトバンクグループの孫正義会長兼社長。(写真=時事通信フォト)

これは普及率が7割を超えたスマホが、都市部を中心に社会インフラとなっていることの裏返しであり、一方でNTTドコモやKDDIが正常にサービスを提供していたことから、日頃忘れられがちな「通信サービスの品質」へ久しぶりに注目が集まった事例だった。

■「証明書の期限切れ」でエラーが生じたと発表

今回の通信障害の理由は、ソフトバンクのコアネットワークを供給するエリクソンの機器トラブルによるものだと、両社からそれぞれ発表されている。

コアネットワークとは、基地局間を結び、通信サービスの根幹を形成するネットワークである。ここにトラブルが生じると、基地局(端末と直接通信をする、ビル屋上等に設置された無線局)や端末が正常に動作しても、通信はまったく成立しない。

本稿執筆時点では、トラブルの詳細な原因は明らかにされていないが、エリクソンからは第一報として、MME(Mobility Management Entity)と呼ばれるコアネットワーク機器のソフトウェアについて、「証明書の期限切れ」があったことでエラーが生じた、と発表されている。MMEとは、端末がネットワークに接続する(つまり通信サービスを利用する)ために不可欠な「コントロールプレーン」を制御する機器であり、これが正常に機能することがLTEサービスの大前提となる。

■世界11カ国で「同じタイミングに同じトラブル」が起きた

今回、このMMEをつかさどるソフトウェアの、さらにその前提である電子証明書(筆者註:執筆時点ではまだ詳細は発表されていないが、おそらくソフトウェアのバージョン管理に関する証明書ではないか)の期限切れが、エリクソンの多くの機器で起きた。

そのため、日本だけでなく、エリクソンの機器を利用する世界11カ国の通信事業者で、同じタイミングに同じトラブルが起きている。なかでも英国O2の障害は深刻で、復旧までにかなりの時間を要したようだ。

そんな深刻な事態が「証明書の期限切れ」という、ありふれた原因で起きた。それはつまり、パソコンやスマホのウェブブラウザで頻発するような現象と同じ理由で、インフラ全体が止まり、社会システムに幅広く影響が及んだ、ということだ。もし本当ならば、われわれはなんと脆弱な社会に生きているのか――。

そんな印象を抱くかもしれないが、実はその通りで、案外われわれの社会は脆くて弱いのである。

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  2. 2

    山本太郎氏 NHK報道に「ひどい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    宮迫会見で記者は圧力に屈したか

    孝好

  4. 4

    参院選 野党の惨敗は当たり前

    青山まさゆき

  5. 5

    れいわ難病患者当選で政界に風穴

    田中龍作

  6. 6

    芸能界の圧力問題に無責任なTV局

    新井克弥

  7. 7

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  8. 8

    前作を超えなかった「天気の子」

    諌山裕

  9. 9

    自民が過半数獲得も改憲は白紙か

    猪野 亨

  10. 10

    自民重鎮 丸川氏を都知事候補に

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。