記事

女子フィギュア「紀平梨花」卒業式も出られず練習の日々


インスタグラムより

 12月7日(現地時間6日)、バンクーバーで行われたフィギュアスケート・グランプリファイナルで、女子ショートプログラムに紀平梨花が出場、ルール改正後の世界最高得点となる82.51を記録した。 

 スケート関係者がこう語る。

「彼女のジャンプは、ひとつひとつがとにかく正確。高さがあって、無駄な力がまったくない。曲に合わせて流れるように飛ぶトリプルアクセルは素晴らしい。

 ただ、これまで、ショートはどうしてもトリプルアクセルを飛び急いでしまうところがありました。世界最高得点を叩きだしたとはいえ、スピンのポジションや、ひとつひとつのエレメントをつなぐ演技などはまだ課題が残るので、これからの伸びしろは十分あります」

 同じ濱田美栄コーチに指導を受ける宮原知子に憧れているが、「練習の虫」と言われるほど練習熱心。実際、本人も「誕生日の日も練習ばっかり」と語っているほどだ。

 ハードな練習のせいで、同世代が普通に経験する学校生活を送れないこともある。中学時代、紀平の学年の学年主任を3年間務めた上ヶ原中学の中村吉次郎先生がこう話す。

「うちの中学の体育大会では、ムカデ競争が伝統の学年種目なんです。だけど、本人と保護者の意向で参加しなかったですね。参加はしたいけど、ケガの心配があるので見送らせてほしい、という相談を受けました」

 それだけでなく、卒業式も参加できなかったという。

「国際大会と重なって、卒業式も参加できなかった。それで校長室でミニ卒業式を開き、校長先生や関わりのある教師が参加して卒業証書を渡しました」(同上)

 かつて自宅があった場所の近くに住んでいる女性は、紀平が遊ぶ姿をよく覚えている。

「週に1回だけお稽古ごとのない日があるらしくて、その日はお友だちと家の前で遊んでいましたよ。活発で明るく、鬼ごっこをしたり、一輪車に乗ったりしてました。

 自分のお友だちとはもちろん遊ぶけれど、仲の良い姉妹だったので、お姉ちゃんのお友だちとも遊んでましたね。挨拶はきっちりできるし、しつけはちゃんとされてました」

 14歳のとき、紀平が史上7人目でトリプルアクセルを成功させたときには、学校の友達からサインを求められたという。鮮烈な姿を世界に見せつけた紀平。高校からは通信制になり、よりいっそうスケートに打ち込む環境になる。世界を驚かす活躍はこれからだ。

あわせて読みたい

「フィギュアスケート」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  8. 8

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  9. 9

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  10. 10

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。