記事

ユーモアに殉じた「リベラリスト」:山田芳裕『へうげもの』 - 高井浩章

1/2

 畢生の大作という言葉がある。「代表作」ではまだ足りない、生涯に一度しか書けない、渾身の一作という言葉だ。まだ50歳とはいえ、山田芳裕にとって、『へうげもの』(講談社、読みは「ひょうげもの」)はまさに畢生の大作だろう。

 主人公は美濃の戦国武将、古田佐介(のち古田織部正重然=おりべのかみしげなり、織部助重然)。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と3人の英傑に仕え、千利休とともに茶の湯文化を大成し、利休亡き後は天下一と称された茶人だ。

「数奇」というキーワード

山田芳裕『へうげもの』  講談社/566円

 この古田織部の生涯を描く『へうげもの』は、2つの軸を持って進む。

 1つは戦国絵巻。こちらの前半のハイライトは本能寺の変だ。この反乱の発案者が千利休で、明智光秀は共謀者だったはずの秀吉に裏切られ、天下掌握の捨て石にされたという異説をとる。

 本能寺の変が秀吉の陰謀だったという設定は、山田風太郎の『妖説太閤記』(講談社文庫)など先例もあり、そう奇想天外な発想ではない。風太郎翁は『秀吉はいつ知ったか』(ちくま文庫)というエッセイでも、いわゆる「中国大返し」の手際が良すぎることを検証している。ここに千利休の「業」を絡めたのが、『へうげもの』のオリジナリティだ。

 古田織部の生涯は2度の大坂の陣にまでわたる。歴史の流れを丁寧になぞりながら、「秀吉の信長殺し」を含む異論・異説や、独特のユーモアを自在に取り込んだ奔放なスタイルは、戦国から徳川の世に至るまでの歴史モノとして読み応えは十分。

 3人の英傑だけでなく、細川幽斎や加藤清正、伊達政宗、大久保長安などキャラの立った登場人物にそれぞれ見せ場があり、下剋上の世を駆け抜ける戦国武将たちの姿が熱量の高いドラマとして描かれる。

 しかし、なんといっても、『へうげもの』を傑作たらしめているのは、茶器などの名器への憧れや、茶の湯や建築・作庭の創意といった、作中で「数寄(すき)」というキーワードに集約される価値観の重みを、これでもかという粘着質な筆致で描くもう1つの軸だ。

 「物欲」に囚われた古田織部の怪人ぶりとエネルギー、「数寄」を戦国のパワーゲームを左右するカギに据えた力技のストーリーテリングが、「へうげもの史観」とでも言える独特の世界を生んでいる。

 かなり強引な立て付けなのに、この世界観が実に魅力的なのだ。

「乙」を良しとする美観

 2つ目の軸の鍵となるのは「一笑」、つまりユーモアだ。「剽軽(ひょうきん)な人」を意味するタイトルもここから来ている。「へうげもの」という言葉自体は、茶人・神谷宗湛が古田織部を評した言葉とされる。古田織部は自らの生涯を通じて、人々から「一笑」を引き出すことに血道をあげる。

 この第2の軸から見ると、作品は大きく前期と後期に分けられる。

 前期は、師である千利休の生前、古田織部が自分の持ち味の「ひょうげ=ユーモア」という方向性を確立できずに迷い、試行錯誤の中で暴走や失敗を繰り返す成長期にあたる。この間は、「数寄」を巡る筋は千利休が主導する。業、と呼ぶしかない求道者・千利休の人物造形が、圧倒的に物語をリードする。

 そして作中、古田織部は劇的な形で千利休の末期に立ち会い、利休の「わび・さび」とは違った、己の進むべき道としての「ひょうげ」を見出す。

 千利休と、続く秀吉の死の後、様式美と生真面目さを尊ぶお行儀の良い「甲」ではなく、どこか抜けたところを残した「乙」を良しとする、独特の道を開いた古田織部の美観は成熟期を迎える。器づくりや建築・作庭においてはブレることのない独自の世界を築き、世間は「天下一の茶人」の創意に熱狂する。

 そしてその円熟した、茶の湯にとどまらない「織部好み」と呼ばれるユーモアを尊ぶ潮流と、質実剛健で野暮な家康の価値観の戦いがストーリー展開の軸になる。

 「ひょうげ=ユーモア」陣営の実践者にしてオピニオンリーダーの古田織部は、実用主義一辺倒で文化の多様性を認めず、愚民化を志向する家康の体制固めに抵抗を試みる。徳川家に仕えながら、絢爛な桃山文化の継承者としての豊臣家の存続を画策し、天皇・公家を巻き込んで対抗勢力を作る。野暮の骨頂とも言える家康の跡取り息子・秀忠まで手練手管で取り込んでみせる。

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  8. 8

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。