記事

消費者庁が警鐘、テレビ通販「怖い事故」「怪我」実例集

1/2


消費者庁が11月14日に発表した注意喚起が話題になっている。2013年4月~2018年9月にネット通販で購入した製品による〈危害または危険〉に関する情報は9248件にのぼったのだ。とりわけ注意が促されているのが「テレビの通販番組」だった。購入した商品で怪我をしてしまった事例は後を絶たないとして、国民生活センターも警鐘を鳴らしている。

2012年には、同センターが家庭用フィットネス器具による骨折や火傷といった「被害相談」に関する報告書を発表。報告書によれば、同センターに相談が寄せられた怪我や事故に至った商品について、その「購入方法」を調べてみると、「通販」が圧倒的に多く、全体の約7割を占めている。さらに、通販のなかでも「テレビを見て買った製品」による被害相談が46%と最も多く、ネット通販が13%、カタログ通販が5%と続く。

国民生活センターの報告書では、テレビ通販番組の“宣伝文句”だけに気をとられてしまったために起きた事例がある。

背中を痛め、医師に「ストレッチ運動をしたほうがいい」と指導されていた70代男性が、寝ころがって機械に足を乗せると機械が左右に動いて“金魚運動”させる健康器具を注文した。「30分以内に申し込むと半額」という言葉に、“今すぐ買えば得だ”と、大急ぎで買ったという。

ところが商品が届き、1回使用してみたところ、腰が痛くなった。取扱説明書を見ると、「背骨に異常のある人は必ず医師と相談の上使用する」と小さく書いてあったが、「テレビ放送ではそんな警告は一切なかった」として、国民生活センターに相談を寄せたという。

こうした事例を踏まえ、同報告書では特にテレビショッピングの場合、〈使用上の注意や禁忌症状などが放送内に明示されていない場合がある〉ことが問題だと結論づけている。



「購入したルームランナーを使用したところ、ついていけずに後ろに飛ばされてしまったという50代男性のケースもありました」(国民生活センター担当者)

テレビショッピングなどを通じて販売を行なっている大手ルームランナーメーカーの担当者はこう話す。

「スタートの仕方から(安全装置の)クリップのつけ方まで、安全にお使いいただくための方法は説明書に記載していますし、使い方のステッカーも製品に貼ってあります。それらに従って正しく使っていただければ危険はないはず。通販番組の放送時間の枠のなかですべてのリスクを説明できないから、使用前にきちんと目を通すようにしてほしいのですが、そうではない方も多いようで……」

あわせて読みたい

「通販」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。