記事

大前研一氏 入管法改正は国民DB制度抜きでは話にならない

1/2
【経営コンサルタントの大前研一氏】

 外国人労働者の受け入れ拡大のため出入国管理法の改正を政府は強引にすすめようとしている。拙速との指摘も多い今回の外国人受け入れ制度について、経営コンサルタントの大前研一氏が、何を基礎とすべきかについて解説し、批判する。

 * * *

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法(入管法)改正案の審議が難航している。

 安倍政権が今国会最大の重要法案と位置付ける同法案は、深刻な人手不足に対応するために「特定技能1号」「特定技能2号」という在留資格を新設するもの。1号は「相当程度の知識又は経験を要する技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格」で、最長5年の在留を認めるが、家族の帯同はできない。2号は「熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格」で、在留期間を更新することができ、配偶者と子供の帯同も認める。政府は今国会で同法案が成立すれば、来年4月から新制度を導入する方針だ。

 政府が新たな在留資格の受け入れ対象として検討しているのは、建設業、造船・舶用工業、農業、漁業、介護業、外食業、宿泊業、飲食料品製造業、素形材産業、ビルクリーニング業など14業種。受け入れ見込み人数は新制度導入初年度の2019年度が3万2800~4万7550人、2019年度から5年間の累計で26万2700~34万5150人となっている。

 だが、この法案は、あまりにも場当たり的でお粗末だ。そうなったのは、これが来年の統一地方選挙と参議院議員選挙に備えた安倍政権の選挙対策でしかないからだ。人手不足に悩んでいる企業や農民・漁民などの自民党支持者から、早く外国人労働者を“解禁”してくれないとつぶれてしまう、という陳情が殺到して急ごしらえしたのだろう。

 すでに私は、今年の春に政府が来年4月をめどに外国人労働者向けの「特定技能」という新たな在留資格を作ると報じられた時点で、「単に人手不足を補うためだけの極めて場当たり的、かつ、なし崩し的な政策」「人口減少期に突入している日本の労働力確保には構造的な解決策が必要、という根本的な視点が抜けている」と批判したが、この問題は国家百年の計で熟考を重ねなければならないものである。

 にもかかわらず、いい加減な受け入れ制度や見込み人数で短兵急に事を進める政府も、それを批判したいがために受け入れそのものに反対する野党も、目先の議論しかしていない。

あわせて読みたい

「大前研一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドコモ4割値下げ宣言の裏事情

    大関暁夫

  2. 2

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    「性教育役に立たず」18歳の4割

    笹川陽平

  4. 4

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  5. 5

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  6. 6

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  7. 7

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  8. 8

    ソフバン株1億6千万円投資した男

    AbemaTIMES

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。