記事

男子禁制!イラクの「女性ゲリラキャンプ」にカメラが入った

1/2

18歳のベリタ

 イラク北部の「男子禁制」の地に女性カメラマンが足を踏み入れたーー。

 PKK(クルディスタン労働者党)がキャンプを張るのは、イラク北部の国境地帯。トルコと武装闘争を繰り広げ、欧米からテロ組織と認定されている。

 だが、2014年にはクルド人居住地域で600の部隊を動員し、「イスラム国」と戦っている。テロ組織の暮らしとは、女性戦闘員たちの素顔とは――。

「戦う相手はトルコ政府だけではない。同胞が困っていたら手を貸す。それがPKKだ」

 ある女性兵士はこう話す。クルド人国家の樹立を掲げ、トルコ政府及び同国治安部隊からの解放を求め、彼女らは戦う。しかし、理由はそれだけではない。トルコ、シリアをはじめ、中東の各国にまたがり生活するクルド人には、民族差別など迫害の歴史がある。

 クルド人の大半がイスラム教徒であるため、PKKのキャンプ地は女性と男性で分けられている。女性である私は、カメラを片手にPKKの女性ゲリラキャンプへと向かった。男性ジャーナリストが入ることのできない地で見た光景は、「テロ組織」というイメージとはかけ離れたものだった。

 山奥で暮らすゲリラは日の出とともに起床し、日の入りとともに眠る。山から流れる水を飲み、食料は畑で野菜を育て、主食のパンは自分たちで作る自給自足の生活だ。

 そんな彼女たちも女性である。髪の毛を伸ばし、おしゃれをする。私の髪も毎朝ブラッシングしてくれ、きれいに三つ編みにしてくれた。その一方で、彼女たちの瞳には強い意志と覚悟が感じられた。けっして人殺しの目などではない。

「戦争はよくないよね」と平和な国に住む私たちは口にするが、戦争とはなんなのか。彼女たちの覚悟ある澄んだ瞳に、なんのために戦うのかを考えさせられる。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  4. 4

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  5. 5

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  6. 6

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  7. 7

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  10. 10

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。