記事

スタバ、横浜市と連携し11日に消灯:温暖化を考える


スターバックスコーヒージャパンは12月11日の19時から20時まで、横浜市内の48店舗で照明を消し、明かりがない状態で過ごすライトダウンイベント「“Nothing” is “Charming”」を行う。

横浜市と連携した取り組みで、同時刻内にランドマークタワーなど横浜市内のほかの施設35カ所でも明かりを消す。この日は京都議定書採択から21年目にあたり、多くの人が省エネや地球温暖化について考え、ライフスタイルを見つめ直すきっかけをつくる取り組みだ。(オルタナ編集部=堀理雄)

イベント当日に同社店内では、19時からロウソク型のLED電球と折り紙を組み合わせた簡易型のランタンをつくるワークショップを行い、その後19時20分頃から明かりを消す。普段当たり前にある照明が「ない」ことを感じ、ランタンの小さな明かりで過ごす時間を楽しむ。

ワークショップで制作するランタンは、持ち帰って家庭で明かりを楽しむこともできる。

横浜市内でも19時から20時の間に、「ランドマークタワー」や「よこはまコスモワールド」の大観覧車、企業や店舗など協力施設の35カ所でライトダウンを行う。明かりを消す時間帯は、施設や店舗によって異なる。

スターバックス広報部の大竹史生さんは「偶然お店に居合わせたお客さんを含め、気軽にイベントを楽しんでほしい。これまでエコや環境などにそれほど関心を持っていなかった人にも、ライフスタイルを考え直すきっかけを提供したい」と話す。

同社は、京都議定書採択から20周年となる昨年にも、同様の取り組みを9都県市との連携で展開した。今年は、「Zero Carbon Yokohama(ゼロ・カーボン・ヨコハマ)」など温暖化対策の取り組みを進める横浜市から連携の申し出があり、企画が実現したという。

「イベントで制作したランタンを持ち帰り、ご家庭でも小さな明かりを楽しんでもらえたら」と大竹さん。イベントは事前予約不要で、無料で参加できる。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への制裁発動の機は熟した

    門田隆将

  2. 2

    ホームレスがネカフェ難民に変化

    藤田孝典

  3. 3

    橋下氏 日本政府は喧嘩下手くそ

    橋下徹

  4. 4

    竹島の日への韓国声明にウンザリ

    鈴木宗男

  5. 5

    よしのり氏「村本は単に無責任」

    小林よしのり

  6. 6

    高須院長 韓国切り捨てる決断を

    NEWSポストセブン

  7. 7

    ファンと接触 松坂のケガに疑惑

    WEDGE Infinity

  8. 8

    米朝会談後に米国の北朝鮮攻撃も

    MAG2 NEWS

  9. 9

    コダックが倒れ富士が残ったワケ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    朝日は何でも「政権への忖度」か

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。