記事

スタバ、横浜市と連携し11日に消灯:温暖化を考える


スターバックスコーヒージャパンは12月11日の19時から20時まで、横浜市内の48店舗で照明を消し、明かりがない状態で過ごすライトダウンイベント「“Nothing” is “Charming”」を行う。

横浜市と連携した取り組みで、同時刻内にランドマークタワーなど横浜市内のほかの施設35カ所でも明かりを消す。この日は京都議定書採択から21年目にあたり、多くの人が省エネや地球温暖化について考え、ライフスタイルを見つめ直すきっかけをつくる取り組みだ。(オルタナ編集部=堀理雄)

イベント当日に同社店内では、19時からロウソク型のLED電球と折り紙を組み合わせた簡易型のランタンをつくるワークショップを行い、その後19時20分頃から明かりを消す。普段当たり前にある照明が「ない」ことを感じ、ランタンの小さな明かりで過ごす時間を楽しむ。

ワークショップで制作するランタンは、持ち帰って家庭で明かりを楽しむこともできる。

横浜市内でも19時から20時の間に、「ランドマークタワー」や「よこはまコスモワールド」の大観覧車、企業や店舗など協力施設の35カ所でライトダウンを行う。明かりを消す時間帯は、施設や店舗によって異なる。

スターバックス広報部の大竹史生さんは「偶然お店に居合わせたお客さんを含め、気軽にイベントを楽しんでほしい。これまでエコや環境などにそれほど関心を持っていなかった人にも、ライフスタイルを考え直すきっかけを提供したい」と話す。

同社は、京都議定書採択から20周年となる昨年にも、同様の取り組みを9都県市との連携で展開した。今年は、「Zero Carbon Yokohama(ゼロ・カーボン・ヨコハマ)」など温暖化対策の取り組みを進める横浜市から連携の申し出があり、企画が実現したという。

「イベントで制作したランタンを持ち帰り、ご家庭でも小さな明かりを楽しんでもらえたら」と大竹さん。イベントは事前予約不要で、無料で参加できる。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。