記事

前場の日経平均は小反発、米株下げ渋りで不安後退


[東京 7日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比22円40銭高の2万1524円02銭となり、4日ぶりに小反発した。

前日の米国株市場が序盤の大幅下落から大きく戻して引けたことで、米株急落への不安心理が後退。日経平均先物に買い戻しが入り、現物指数も上昇した。上げ幅は一時200円を超えたが、米中の対立が根本的な解決に至らない中、今晩に米雇用統計の発表を控え様子見姿勢も強く、前場後半は戻り待ちの売りで伸び悩んだ。

TOPIXは前日比0.03%安。東証1部の前場の売買代金は1兆1382億円と低調だった。セクター別では石油輸出国機構(OPEC)総会後の原油安を嫌気し、石油・石炭製品と鉱業が軟調。鉄鋼、非鉄なども安い。一方、陸運、小売、サービスなど内需系が総じてしっかりだった。市場では「米中関係を巡るリスクの上昇はポジションを取らない理由づけになる。足元の貿易問題は過去の経験則が通用しない。相対的な内需株優位が続きそうだ」(東海東京証券・機関投資家営業部部長の静間康禎氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり763銘柄に対し、値下がりが1265銘柄、変わらずが94銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。