記事

今年の流行語大賞トップ10にも選ばれた「ご飯論法」の言葉

今年の流行語大賞トップ10にも選ばれた「ご飯論法」の言葉(安倍総理や大臣らのごまかしやはぐらかし答弁を表現)を考えられた上西充子教授が 今の安倍一強政治の弊害を、 私や石橋参議院議員の国会質問を例に解説されています。私の国会質問は動画21分頃からです。

「朝ごはん食べましたか?」 との質問に、答弁は、 「朝ごはん食べていません」(実際にはパンを食べていても、意図的に相手の質問を誤解したことにして、お米のご飯を食べていないから「朝ごはん食べていない」と「はぐらかす」) 誠実な答弁(というか普通)は 「朝ごはんにパンを食べました。」 となりますよね。

こうした「ご飯論法」を私の時の「働き方法案」でも、今回の「外国人労働拡大法案」でも駆使して、
国民への説明責任を果たそうとしないし、 今後、国民生活に甚大な影響を与える法案をこうしたやり方で、 さらに審議に必要なデータや資料を出さない、隠ぺい、改ざんし、 これまで以上に、短時間で、強行に、 国会運営を行うことは、責任ある政権与党とは言えません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。