記事

今年の流行語大賞トップ10にも選ばれた「ご飯論法」の言葉

今年の流行語大賞トップ10にも選ばれた「ご飯論法」の言葉(安倍総理や大臣らのごまかしやはぐらかし答弁を表現)を考えられた上西充子教授が 今の安倍一強政治の弊害を、 私や石橋参議院議員の国会質問を例に解説されています。私の国会質問は動画21分頃からです。

「朝ごはん食べましたか?」 との質問に、答弁は、 「朝ごはん食べていません」(実際にはパンを食べていても、意図的に相手の質問を誤解したことにして、お米のご飯を食べていないから「朝ごはん食べていない」と「はぐらかす」) 誠実な答弁(というか普通)は 「朝ごはんにパンを食べました。」 となりますよね。

こうした「ご飯論法」を私の時の「働き方法案」でも、今回の「外国人労働拡大法案」でも駆使して、
国民への説明責任を果たそうとしないし、 今後、国民生活に甚大な影響を与える法案をこうしたやり方で、 さらに審議に必要なデータや資料を出さない、隠ぺい、改ざんし、 これまで以上に、短時間で、強行に、 国会運営を行うことは、責任ある政権与党とは言えません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

  3. 3

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  10. 10

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。