記事

変容する火葬場 高い煙突は消え、寂しい印象は過去のもの

1/3
窓からは、樹木や水辺の光景を眺めることができる「川口めぐりの森」

 かつてのイメージを覆すほどに変化している昨今の火葬場。その新潮流を『いまどきの納骨堂』(小学館)の著者であるノンフィクションライターの井上理津子さんがレポートする。

 * * *

 今、お墓事情が変化している。うら寂しい寺の境内や郊外の霊園に立つ墓石から、明るい室内の納骨堂へ──。骨壷を自動搬送する立体駐車場型や、仏壇型、ロッカー型など新しいスタイルの納骨堂が次々と誕生し、利用者に歓迎される。そんな流れに拍車がかかっている様を取材し、このほど『いまどきの納骨堂』(小学館)を著したが、人のエンディングに関して、変化が訪れているのはお墓だけではなかった。納骨の前に必要な場である火葬場にも変化が起きていた。うら寂しい雰囲気から明るい情調へ、お墓と歩を共にするかのようなシフトが始まっている。

◆公園の光景に溶け込む建物

 埼玉県川口市の中央。赤山歴史自然公園(愛称イイナパーク川口)には、大型の遊具や川口の歴史・産業を紹介する資料館があり、この日も、子供たちを遊ばせる若いママたちが幾人もいた。そのうちの1人(33才)に、「あの建物をご存じですか?」と声をかけると、「はい?」と聞き返された。

「ほら、リズミカルに大きく波打つダークブラウンの屋根が見えるでしょう?」。池の向こうを指した。

「…そういえば、そうですね」と、その人。

「火葬場なんですよ」

「あら、そうなんですか。知らなかった」

 まったく意に介さない様子だ。

 私が指した建物の側面はガラス張りで、屋根の上の中央には、やはりダークブラウンの立方体の建物が載っている。目をこらすと屋上に樹木が覗いているのも分かる。遊び場から少し離れた地には、デジカメを手にした男性(57才)がいて、こう言った。

「エコなミュージアムみたい。池に映るシルエットもきれいで、水上に浮いているような建物ですね」

 彼は、市の広報誌に載っていたので、見に来たとのことで、「いずれ僕だってお世話になるんだから、どんなところか気になるじゃないですか」と微笑み、シャッターを切った。

 公園の光景に溶け込んでいるため、関心のない人の目にはとまらないが、少し意識すると「エコなミュージアム」のように見えるのは、4月に供用開始となった「川口市めぐりの森」という名の火葬場である。

◆戦後3度目の建設ラッシュ

 子供たちが歓声をあげる遊び場と、非日常の世界である火葬場に親和性がないことへの配慮だろうか。公園から直接にアクセスできないが、火葬場もイイナパーク川口の一部のように見える。すぐ近くを通る首都高速道路川口線の川口パーキングエリアが、2年後には首都高初のハイウェイオアシスに拡大され、展望テラスが設けられる予定のため、「公園の横に火葬場がある」という認知は今後進むに違いない。

 高速の高架下を迂回し、「川口市めぐりの森」の正面入り口に着いた。波打つ屋根の正面側は白く、それを支える柱も同じく白でやわらかな曲線を描き、朝顔を横から見たようなフォルムである。建物の中に入ると、白い天井にダークブラウンの壁。洗練された空間が広がっている。

 厚生労働省の衛生行政報告(2016年度)では、全国の火葬場の総数は、4181か所である。そのうち、「1年以内に稼働実績があり、恒常的に使用している火葬場」の数は1432。その差、2749は、同省行政報告統計室の担当者によると、役目を終えたが廃業届が出ていない施設だそうだ。「共同墓地等に“飾り”のように放置された火葬施設」が散見される可能性が高いらしい。

 戦後、火葬場の建設ラッシュが2度あったと、葬送ジャーナリストの碑文谷創さんは言う。1度目は1950~1960年代で、火葬率が60%を超えた。施設の耐久年である約30年を経て、2度目の建設ラッシュがやってきたのが1980~1990年代。その頃に、火葬率が90%を超えたという。

 それから、さらに30年が経とうとする近年、火葬率はほぼ100%となった。1980~1990年代に建てられた火葬場の老朽化と、都市部では「多死社会」の到来にともない、建て替えが盛んに行われているのである。NPO法人日本環境斎苑協会主任研究員の森山雄嗣さんの調査によると、2014年から2018年までの5年間に新築された火葬場が、全国に63か所を数える。

「高い煙突はとっくに消え、寂しいイメージはすっかり過去のものとなりました。経営主体の財政にもよりますが、コンクリート打ちっ放しなど、その時どきの建築の流行が火葬場にも反映され、建物のモダン化が進んでいます。また、指定管理者制度による運営の外部委託などによって、利用者目線が意識されるようになってきました」(碑文谷さん)

 待機日数が長期化している、遺骨の引き取りを拒否する人が増えている──。近頃、そんな報道がやたら目につく火葬場だが、一方で、ハード面、ソフト面とも変容してきているのである。

あわせて読みたい

「葬儀」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  6. 6

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  7. 7

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  8. 8

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。