記事

『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』東海テレビのドキュメンタリー映画がヒットする「意外な理由」~東海テレビ・阿武野勝彦さんインタビュー #2~ - 「文春オンライン」編集部

1/2

他の追随を許さないドキュメンタリーの話題作、衝撃作を発表し続ける東海テレビ。そのチーム作り、映画化する理由、ナレーションへのこだわりなど「名作の秘密」を、現場を統括する阿武野勝彦プロデューサーに伺いました。(全2回の2回目/#1より続く)

阿武野勝彦プロデューサー

ドキュメンタリー映画では異例の観客動員25万人超え

――東海テレビドキュメンタリーのユニークさは映画化によって、全国的に知られることになりました。話題作には『ヤクザと憲法』などのほか、愛知県の高蔵寺ニュータウンに住む90歳の夫と87歳の妻、津端夫妻の日常を追った最新作『人生フルーツ』があります。ヒットは目論んでいたんですか?

阿武野 いえいえ、ドキュメンタリー映画でお金儲けを考えたことは一度もありません。会社に出した予算は収支すれすれゼロといったところ。正直、予想外のヒットです。『人生フルーツ』は2017年公開ですが、今も上映中で、おかげさまでロングランになっていて、25万人の観客動員を超えました。

――何がヒットの原因だと思いますか?

阿武野 リピーターが多いんです、お客さんに。

――老夫婦の日常を描く静かなドキュメンタリー映画ですけど、リピーターが多いんですか。

阿武野 不思議に思っていたんですけど、人に言われて一番しっくりきた感想に「気持ちのいいお説教を、みんなで聞きたいんだよ」っていうものがありましてね。今の時代、パワハラになりかねないから下手に説教できないでしょう。だから説教が貴重なものになってきたんでしょうか(笑)。それで、この作品がそっと差し出しているメッセージというか、まさに「気持ちのいい人生のお説教」的なものが受け入れられているんだと思っています。一度観た人が今度は友達を連れてお説教を聞きに来る。それが今度はグループになり、どんどん芋づる式に観客が増えていく。年代も一時期は高齢者層がメインでしたけど、若年層に裾野が広がっていきました。

『ヤクザと憲法』は完全に一人で見る映画のようで

――ちなみに『ヤクザと憲法』の成績はどうだったんですか?

阿武野 こちらは観客動員が約4万人。いや、これだってすごい人数で、ドキュメンタリー映画は1万人入ればヒットといわれる世界なんです。ただ、『人生フルーツ』と違って面白いのは観客の広がり方です。『ヤクザと憲法』は完全に一人で見る映画のようで、『人生フルーツ』みたいに誰かと観る映画じゃないらしい(笑)。観た人が「ちょっといけねぇモノ観ちゃってさ」って感想を誰かに話して、今度はその人が一人で映画館にやってくる。

どうして「映画化」するのか?

――『人生フルーツ』では、何かプロモーションの作戦があったんですか?

阿武野 ナレーションを務めてくださった樹木希林さんには広報も兼ねた番組にずいぶん出ていただきましたが、それ以外は特にしていないんです。ですから、大きかったのは自然発生的なSNS発の口コミでしょうね。俳優の瑛太さんがツイートし、若年層に火がついた。それから竹内まりやさんがラジオで話してくれたり、古舘伊知郎さんがテレビで語ってくれたり、こちらが予期せぬ有名人からの声があったことで広がりました。

――東海テレビのドキュメンタリー映画はこれまでに10作ありますが、テレビで放送したものを映画版に再編集し、映画化し続けるのはどうしてなんでしょうか。

阿武野 私たちは地方の民放局ですから視聴者が限られています。一方で当然のことながら、制作者としては自分たちの作品をより多くの人に観ていただきたい。しかしそこには、ドキュメンタリーは視聴率が取りにくい、スポンサーがつきにくい、問題が起こりやすい、だから全国ネットにしにくいというテレビ局の企業論理が存在します。であるならば、単館上映でもいいから全国に届けるべく、映画展開をしてみようと考えたわけです。

――ドキュメンタリー映画を成功させるのは難しいとのことでしたが、とはいえ映画事業としてペイすることは目標にしているのですか?

阿武野 実は、目標にしてるんです。続けるためには、ペイしないと。とはいえ、現実的にはマイナス予算で会社には提出しなければならないこともあります。それでも会社は「いいよ」って。懐が潤沢だからというわけではなくて、やっぱりドキュメンタリーを大事にしてくれているからだと感じています。100万円くらいマイナスになっても、東海テレビのドキュメンタリーが全国に知られるようになるほうが大事だと考えてくれているようです。

どうして「動画配信」しないのか?

――9月に放送された『さよならテレビ』はこれだけ話題になって、映画化希望の声はもちろん、ネット配信を希望する声もあるようです。この先、ドキュメンタリー番組の動画配信は考えていませんか?

阿武野 そういう声があることは知っています。ただ、なぜ映画館で上映することにこだわるかというと、見ず知らずの他者を感じながら、同じ場所で私たちの映画を観てほしいという思いがあるからなんです。ネットだと好きな時に、好きな場所で、一人で観れちゃうでしょう。これじゃ、つまらない。

――誰かと観てほしいというのは、どうしてなんですか。

阿武野 家族でも赤の他人でもいいから、同じ場所でさまざまな感情が交錯するのを共有してほしいんです。それは突き詰めていうと、映画を観た人に再びテレビの前に戻ってきてほしいからです。テレビって、元々はお茶の間で家族で観るものだったでしょう? ドラマを観てたら突然ラブシーンになって、お父さんが変なこと言ってごまかして、お母さんが恥ずかしくなって「お茶」って台所に行っちゃって、お兄ちゃんが茶化すみたいな。あのテレビを共有している感じ、あのテレビが色んなものを映し出すワクワク感、テレビを挟んで他者を感じる世界がこれからも存在し続けてほしいんです。

あわせて読みたい

「東海テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  6. 6

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

  9. 9

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  10. 10

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。