記事

10月全世帯の実質消費支出は前年比-0.3%、2カ月連続で減少


[東京 7日 ロイター] - 総務省が7日に発表した10月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は29万0396円となり、前年同月に比べて実質で0.3%減少(変動調整値)した。減少は2カ月連続。台風や地震といった自然災害で落ち込んだ9月からマイナス幅は縮小したが、気温が平年よりも高めに推移したことや、休日が前年よりも1日少なかったことなどが押し下げ要因になった。

季節調整済み前月比は1.8%増で、2カ月ぶりに増加した。

ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比1.4%増が予想されていたが、結果はこれを下回った。

消費の減少に最も大きく影響したのは「その他の消費支出」で、9月に値上げ前の駆け込み需要が見られたたばこや、前年よりも日曜日が1日少なかったことで婚礼関係費などが減少したという。また、平年よりも気温が高めに推移したことで、コートやセーター、手袋などの冬物衣料が振るわなかった。生鮮野菜の価格高騰もあり、野菜などの「食料」も減少した。

もっとも、物価変動の影響を除いた名目値の消費支出は同1.4%増と2カ月ぶりに増加。総務省では、9月に実質で同1.6%減と大きく落ち込んだのは「自然災害による一時的なもの」とみている。基調判断は「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に据え置いた。

今年から参考指標として公表を開始した単身世帯を含む「消費動向指数(CTI)」は、回復がより鮮明だ。世帯当たりの平均となる世帯消費動向指数(総世帯)は実質で前年比2.7%上昇、季節調整済み前月比は3.2%上昇となった。

世帯全体の消費支出総額の推移となる総消費動向指数は実質で前年比1.3%上昇、前月比0.5%上昇だった。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。