記事

ドーミーインのお風呂は「筋金入り」だった 多様化するビジネスホテルの今

1/2

・ホテル評論家・瀧澤信秋氏による連載!

・「多様化」が進むビジネスホテルの現状は?

・ドーミーインが「風呂好き出張族」に好かれる理由

ここ数年、急速にビジネスホテルの「多様化」が進んでいることをご存知だろうか。本稿では、「料金変動」の面を中心にお伝えした前回に引き続き、「各ホテルの差別化への取り組み」というテーマで、多様化が進むビジネスホテルの現状を探っていきたい。

全国チェーンが席巻してきたビジネスホテル業界

筆者はホテル評論家としての仕事の傍ら、ホテルプロジェクトへの参画といった仕事もこなしている。持ち込まれる案件は宿泊主体型ホテル(ビジネスホテル)が多い。近年のホテル開発の多くは宿泊主体型ホテルで占められているから当然といえば当然だが、それにしても実に多くのビジネスホテルが誕生している。

いたるところでビジネスホテルを見るようになった

手もとにある2019年のホテル開業予定一覧には、320軒超の開業予定施設が列挙されているが、ザッと見ただけでも宿泊主体型ホテルがその多くを占める。活況を呈する宿泊業自体が注目されているうえに、ビジネスホテルの需要が高いことは周知の事実。当然、ビジネスとして成立すると見込まれるから開業するという思惑はいずこも同じだ。

プロジェクトがスタートしてから開業に至るまではさまざまな過程を経るが、期間は2~3年は要する。この間には、所有者をはじめ、投資家や建築家、オペレーター、コンサルタントなど、さまざまな人がかかわるうえに、巨額の資金も投入される。かような状況下で、一度ゴーしたプロジェクトが引き返されることはほとんどない(というより、そんなことはとてもできない)。

コンセプトを打ち出す“進化系ビジネスホテル”

筆者は以前から、ビジネスホテルは「ハイクラス型」と「ローコスト型」に分けられると指摘しているが、この傾向はますます際立っている。

一般的にローコスト型は標準化された客室を大量供給する傾向にあるが、ハイクラス型では独自コンセプトの打ち出しが目立つ。開業を控えたホテルから届く大量のリリースを見ると、最近のビジネスホテルはハイクラス型が多くを占めていることがわかる。

筆者の造語で恐縮だが、ハイクラス型は“進化系ビジネスホテル”と表すことができるだろう。「ビジネスホテルなのに豪華」「ビジネスホテルなのに高品質ベッド」「ビジネスホテルなのに食事が素晴らしい」……など、“ビジネスホテルなのに○○”、というのが進化系に共通する特徴だ。

これはビジネスホテルのシティホテル化(シティホテル=料飲やバンケットなど宿泊以外にも多くの用途があるホテル)とも言えるが、リミテッドサービスであれば、やはりビジネスホテルなのである。

質感の高い客室では24時間滞在プランも人気だ(画像は立川ワシントンホテル)

多彩なサービスが提供できるシティホテルと比較し、宿泊に特化しているビジネスホテルはコンセプト化の方向性が画一的になる傾向があり、続々誕生するビジネスホテルブランドの中には、コンセプト化に注力しつつも同工異曲といったものも見られる。ただし、差別化とコモディティ化によって、特異な尖ったサービスも散見するようになったのも事実だ。

実際の差別化の取り組みや傾向について、いくつか例を紹介しよう。

混戦極める快眠コンセプト

“ホテル”という名の通り、ビジネスホテルが「眠り」にフィーチャーするのは自然なこと。しかし、昨今はビジネスホテルなのに高級ホテルのような快眠ホテルが増加している。

スーパーホテルやコンフォートホテルなど、快眠への取り組みをアピールするビジネスホテルは多い。中でも、スーパーホテルの取り組みは特筆すべきものがある。スーパーホテルは、言わずと知れた“選べる枕”のパイオニアでもあるが、同様のサービスを行うビジネスホテルが増えてきたのも事実で、“よく見るサービス”になりつつある。

スーパーホテルの選べる枕

また、オリジナルマットレスで知られるのが「アパホテル」と「レム」だ。専門メーカーとの共同開発は高級ホテルで見られる傾向にあったが、今後はビジネスホテルでも一般的になるかもしれない。また、既に一般化しているのが羽毛布団を使った“デュベスタイル”のベッドメイクだ。

長くなってしまうので詳述は避けるが、筆者は評論家としての活動を始めた4~5年ほど前から、自著や各種媒体、講演などでデュベスタイルを推奨してきた。当時は高級ホテルで多く見られたが、いまやビジネスホテルでも定番化している。

朝⾷の有料・無料の⼆分化は「⼆極化」へ

ゲストの中には、「朝食でホテルを選ぶ」という人もいる。

料とは思えない充実の内容(ホテル ココ・グラン上野不忍にて)

従前より、朝食のクオリティを堅持したい(宿泊料金の高い)ハイクラス型が有料、ローコスト型が無料というある種の逆転現象を指摘してきたが、有料朝食/無料朝食は、ここにきてそれぞれに際立つ進化を遂げている(「無料」とはいえ、宿泊料金に転嫁されていることはいうまでもない)。

無料朝食といえば、パンにコーヒーといった簡易的なスタイルから始まったが、今やブッフェスタイルが当たり前。煮物・焼き物・揚げ物といった充実メニューからパン・ご飯、サラダバーまで用意されているケースもある。

無料でこうなのだから有料朝食の充実は言わずもがな。特に最近驚いたのが「ホテルフォルツァ長崎」(長崎市)だ。ご当地メニューをかなりフォローしたラインアップにはじまり実演メニューまで、前回訪問時より大きく進化していたのが印象的だった。朝食による差別化はどこまで進むのだろうか。

あわせて読みたい

「ホテル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。