記事

吉田拓郎との出会い、そして~Forever Young - 田中秋夫

3/3

拓郎は音楽業界に於ける時代の開拓者

拓郎がフォーライフの社長に就任した後の1978年の春、拓郎の事務所経由で文化放送の深夜番組「セイ!ヤング」に出演したいとのオファーがあった。TBSの「パックインミュージック」、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」のキャリアを経て、すでに深夜放送界の人気者だった彼を断る理由はなく、私は二つ返事で了承した。

そして拓郎は金曜日の担当パーソナリティになり、4月からスタートした。番組の構成作家は音楽評論家でノンフィクション作家、DJとしても活動している田家秀樹だった。

同時に、それまで番組「セイ!ヤング」のテーマ曲(なかにし礼作詞、鈴木邦彦作曲)に替えて拓郎に新しいテーマ曲の作曲を依頼し、松本隆の作詞した「夜を横切る君には」(唄・滝ともはる)を新テーマ曲とした。

番組はスタートと同時に話題となり、当然、聴取率は絶好調だった。

毎週寄せられるハガキは膨大な数で、本番までに全部に目を通すことが難しい状態だった。番組には当時、拓郎が所属していたユイ音楽工房(現ユイミュージック)スタッフの渋谷、常富にもコーナー出演してもらうことにした。

「拓郎のセイ!ヤング」を担当していた時期に最も印象深い出来事は「吉田拓郎 アイランド・コンサートIN篠島」である。

1979年7月26日から27日の未明にかけて愛知県の知多半島の先端にある人口2千人の篠島でオールナイトのコンサートを開催することになった。

彼はこれまで1975年の「つま恋コンサート」(元祖夏フェス)で野外のオールナイトを経験していたが、」離れ小島でのそれは困難が予想された。

私は「セイ!ヤング」でその模様を生中継することにした。地元の東海ラジオの技術協力を得て、島から本土の山へFM波を飛ばして中継するという離れ業的中継をすることになった。

当日、篠島には島の歴史が始まって以来の2万人を越える若者が押し寄せ、島民との間に小競り合いが起きる等の混乱状態だった。

やがて島に夕闇が訪れた午後7時からコンサートはスタートし、ゲストの長渕剛、小室等と六文銭の演奏に続き拓郎が登場した。観客は潮風が漂う離島でのオールナイトに大いに興奮し、盛り上がった。

このコンサートで拓郎は約8時間、全69曲を歌った。やがて水平線の彼方から空が白々と明ける4時にコンサートが終了し、生中継も無事に終了した。

その後、「吉田拓郎のセイ!ヤング」は1980年の3月までの2年間続いたが、土居まさる、みのもんた、落合恵子の「セイヤング」第1次黄金期に続く第2の黄金期と呼ばれる時代を築いた。

私がFM NACK5に異動した1990年は拓郎がデビューして20年目だった。この時、私はNACK5の特番として「吉田拓郎20th Anniversary~元気です」を企画し、ユイ音楽工房を通じて拓郎の快諾を得た。

そして同年の10月10日の午後1時から9時間の生放送で拓郎の語りで20年間の数々のヒット曲をエピソードを交えながら紹介していった。ゲストには武田鉄矢、小室等が出演した。その結果、開局して間もないNACK5での拓郎特番は話題を巻き起こし、新聞雑誌で記事に取り上げられる等、NACK5の知名度UPに貢献した。

このように拓郎との交流を振り返ってみると彼は「音楽業界に於ける時代の開拓者」だったことを再確認した。現在、彼もすでに古希を越えているが、今後も「元気です」であり続けてほしい。

Forever Young

田中秋夫
1940年生まれ。一般社団法人放送人の会・理事。元FM NACK5常務取締役。
1964年、文化放送にアナウンサーとして入局、その後、制作部に配属。「セイ!ヤング」や「ミスDJリクエストパレード」など深夜番組の開発に尽力し、ラジオ界では「名物ディレクター」として知られる。1990年に埼玉県を中心に首都圏をエリアとするFM NACK5に制作責任者として転籍。ラジオ番組のコンクールでは「浦和ロック伝説」「イムジン河2001」「中津川フォークジャンボリー」等で日本民間放送連盟賞受賞。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。