記事

なぜ不倫した女が…『報ステ』徳永有美アナに苦情殺到中


 元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美アナ(43)を迎え、10月から新たなスタートを切ったテレ朝の看板番組『報道ステーション』。

「今テレ朝内では、『報ステ』は禁句になっている。数字が芳しくなく、なぜ徳永さんを起用したのか、という声がある。でも、早河(洋)会長直々の抜擢だから、何も言えない雰囲気がある」(テレ朝関係者)

 2カ月が経過した現在、視聴率が伸び悩んでいるばかりか、徳永アナに対する視聴者からの苦情が絶えない。

「11月の平均視聴率は10パーセント台です。報ステの前枠で高視聴率の『相棒』と『リーガルV』が放送される、水曜と木曜の視聴率はなんとか2桁台に乗せますが、それ以外は1桁台の日も珍しくない。古舘(伊知郎)さんの時代には、なかったことです」(テレ朝局員)

 テレ朝の視聴者センターにはこんな意見が届いていた。

〈不倫して辞めた人がなぜ戻ってこられるのか。(他人の)不倫ニュースがあったらどう報じるのか。(60代女性)〉

〈あの方はよく嚙むし、進行が下手。とても聞き苦しく感じます。(60代男性)〉

〈徳永さんはただの主婦が出ている感じ。政治に詳しい人に出てほしい。(70代女性)〉

 別のテレ朝関係者が続ける。

「報道・情報番組全体に寄せられる視聴者の意見は、多い日で1日150件前後。これまでの『報ステ』には、出演者のコメントやVTRの内容に対する批判が多かった。

 ですが、徳永さんの起用後、彼女の不倫問題や資質にネガティブな意見がほぼ毎日寄せられている。とても珍しい事態なんです」

 徳永アナといえば、2003年に内村光良(54)との不倫騒動が発覚し、担当していた番組を降板。2004年に『報ステ』のスポーツ担当キャスターを務めたものの、2005年に内村との結婚を選び、退社している。

 苦情が絶えないことについて、本誌はテレ朝に問い合わせると、真っ向から否定した。

「苦情が殺到しているという事実はまったくありません。(平均視聴率は)2017年の同じ時期と比較しても上回った数字となっています」(テレビ朝日広報部)

 さて、当の徳永アナはどう感じているのか。11月28日、彼女を直撃した。

「まだ始めたばかりなので、私自身は数字を気にしても、という感じです。今は楽しくさせていただいてます。いろんなご意見があるのは承知のうえで、そのことも覚悟して頑張って、向き合っていきたいなと思っています」

 気丈に、暗雲に立ち向かっていた。

(週刊FLASH 2018年12月18日号)

あわせて読みたい

「報道ステーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  2. 2

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  3. 3

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  4. 4

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  6. 6

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  7. 7

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  8. 8

    人手不足でも不遇続く氷河期世代

    fujipon

  9. 9

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  10. 10

    政府が公務員ボーナス過少発表?

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。